斉藤壮馬が「フィクションではない素顔」を語る2万字インタビュー――4月19日発売、CUT5月号の表紙画像解禁です。手が届きそうで届かない、この距離感をお楽しみください!

斉藤壮馬が「フィクションではない素顔」を語る2万字インタビュー――4月19日発売、CUT5月号の表紙画像解禁です。手が届きそうで届かない、この距離感をお楽しみください!

4月19日発売のCUT5月号、巻頭特集は斉藤壮馬さんの2万字インタビュー。その表紙画像がこちらです!

よく見ていただけるとわかるのですが、この写真、実はガラス越しに撮ったもの。フィクションを愛し、フィクションに愛された斉藤さんの「手が届きそうで届かない」距離感を絶妙に表現できているのでは……と、勝手にめちゃくちゃ自信作です。中面写真もこのテイストの必殺写真が満載なので、ぜひ期待していただければと思います。

そして今回お届けする「2万字インタビュー」は、弊社ロッキング・オンの名物企画。その人物の生い立ちから現在、未来までを2万字に渡って掘り下げるという企画で、これまでも邦楽誌『ROCKIN'ON JAPAN』や『CUT』にて、さまざまなアーティストや俳優の実像に迫ってきました。ファンの方はよくご存知かと思いますが、斉藤さんはティーンエイジャーの頃から音楽やカルチャーに熱中し、ロッキング・オンの雑誌もよく読んでくださったそう。インタビューの冒頭で「今回は2万字インタビューです」とお伝えすると、言わずもがな企画を理解した様子で「10代の頃に、いち読者として読んでいたものなので、本当にありがたいです」と言ってくださり、なんだかこちらも胸が熱くなってしまいました。斉藤さんの人生を表すのキーワードやこれからの未来像など、じっくりたっぷり真摯に答えていただいたインタビュー。これまでいろんな場所で語られてきたエピソードも、また違った目線でとらえることができる、そんな内容になっていると思います。

今回、初めて斉藤壮馬さんの表紙をお届けするのはもちろん、発売日の数日後が斉藤さんのお誕生日だったり、CUTとしては初めての声優さんソロ表紙だったり、なんだかメモリアル満載な号になりそうです。 中面に掲載している『ラプソディ』特集にも、斉藤さんのコメント掲載しています。ぜひぜひぜひ、お手に取っていただければと思います。

CUT5月号の発売は4月19日(火)。お楽しみに!(安田季那子)

ーーー

斉藤壮馬
フィクションではない素顔を語る

声優業を中心に、ジャンルの枠を越えた多彩な表現者として活躍する斉藤壮馬。フィクションを愛し、フィクションに愛されたその人物像とは一体――? 生い立ちから現在までを振り返る2万字インタビューでお届けする、初の表紙巻頭特集!

島﨑信長『劇場版 Free!-the Final Stroke-』
石川界人『カッコウの許嫁』
木村昴×木村良平『輪るピングドラム』
平田広明×森田成一『TIGER & BUNNY 2』

神木隆之介×松村北斗『ホリック xxxHOLiC 』
松坂桃李『流浪の月』
窪田正孝『劇場版ラジエーションハウス』
志尊淳『バブル』

『ラプソディ』
め組
黒羽麻璃央『ミュージカル「るろうに剣心 京都編」』
嵐莉菜×奥平大兼『マイスモールランド』

MOVIE:『鋼音色の空の彼方へ』
今月のバズマン。〜BUZZ OF THE MONTH〜 第81回:梅田修一朗
菅田将暉と仲野太賀の『夢で逢えたら』
三池崇史のゲバチュー PART2(現場の中心で、愛を叫ぶ PART2)


CUT5月号は現在以下にてご予約可能です。
CUT 編集部日記の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

人気記事

フォローする