「OK!!! C'MON CHABO!!!」  その1

「OK!!! C'MON CHABO!!!」  その1

リリース日から1日すぎてた。しまった。

仲井戸“CHABO”麗市リスペクトアルバム
『OK!!! C'MON CHABO!!!』
TKCA-73623 meldac/徳間ジャパン

前にもニュースのコーナーでご紹介しましたが
(これ http://ro69.jp/news/detail/43595
(これも http://ro69.jp/news/detail/44942
古井戸・RC・ソロにわたる、チャボさんの歴代の名曲たちを、
後輩アーティストたちが寄ってたかってカヴァーしたアルバム。
アドバンスのサンプルをいただいて以来、夜はよく、これをヘッドホンで
聴きながら仕事してるんだけど、気づくといつも
ニヤニヤしてしまっている。かっこよくて。
で、周囲に気持ち悪がられている。

元々の曲がすばらしい、あとそれらに自分が思い入れがある、
というのはもちろんあるけど、なんというか、不思議なくらい
「なあんでこういう方向でカヴァーしちゃったかなあ」みたいなのが、ないのです。
方向ややりかたはいろいろだけど、どの人も、ズレていない。
「なるほどぉ」「こうきたかあ」もしくは「まんまじゃん、
でもまんまでいいよね、これ」っていうのばかり。

あんまりいいので、ちょっと、1曲ずつ書いてみます。


1.チャンスは今夜/奥田民生

RCサクセション「BLUE」収録曲。B面の2曲目じゃなかったっけ。
「まぼろし」の次。
そう、当時はまだCD、ありませんでした。

アレンジ、ほとんどオリジナルそのまんま。ただし、オリジナルは、
チャボさんのボーカルにリバーブとかのエフェクトが強めにかかってる
感じだったけど、このOTの声はほとんど素みたい、というところが違います。

すべての楽器をOTが演奏しています。ということは、おそらくこれ、
「OTがドラムを叩いて録音した」中において、最も速い曲、ということになるのでは。
後半でフィルが増えるあたり、OT、ちょっと大変そう。

ちなみに、個人的なことですが、この曲が入っている「BLUE」が、
私が初めて聴いた、RCサクセションのアルバムでした。
中2だったっけ。同級生のお姉さんが持っていて、カセットテープに録ってもらいました。
で、この次の「BEAT POPS」は、自分で買いました。

そして。この曲、「Hey Hey 相棒 女の部屋に忍び込んで悪さしようぜ」
で始まり、「ツアーは続く チャンスは今夜」で終わる、ロックンロール・バンドの
ツアーの、ワイルド・ライフを歌ったものなのですね。
当時、RCはどかーんと売れた頃。で、当時としては画期的にド派手だった、
清志郎やチャボのあのいでたち。
中2(もちろん童貞)の私としては、もう、この歌のまんまの生活をしている
人たちなんだ、と、素直に信じこんでいました。

まあ、ホテルの廊下を追っかけの女の子がうろうろしていたり、
部屋のドアを開けるとツアー・スタッフがトランプやっていたり、
くらいのロックンロール・ライフは、実際にあったらしいですが、
それを横目で見ながら、「ああ、女がうろうろしてる……じゃあ、聴こうか」って、
メンバーで集まって、その日のライブを録ったものを聴く。

という地味ーなことを毎夜やっていて、マネージャーに、
「遊ぶんなら遊ぶ! じゃなきゃ寝る! どっちかにしてよ!」と怒られた。

という話を、のちに、RCが休止するタイミングでロッキング・オンから
発売になった「日々の泡立ち―真説RCサクセション」というインタヴュー本を
読んで、知って、夢を壊されたというか、大変にがっかりした記憶があります。

1曲でこんなに長く書いてしまった。
次はもっと短くします。次回に続く。
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする