「キラキラ目」の話

「キラキラ目」の話

去年の秋に、このRO69の「特集」のコーナーで
行った、フラワーカンパニーズの歴史を振り返るインタビューの
中で、グレートマエカワがこんなことを言っていた。
メジャー契約が切れて、事務所もなくなって、4人だけで
活動をし始めた頃の話です。

「地方で、ちっこい所で、 20人しかお客さんは来てなくても、
その子たちがすごい喜んでくれたりとかすると、
やっぱりめちゃくちゃうれしいわけじゃん。
『お客さんの目が輝いとった』みたいなこと、
みんなよく言うけど、あれ、ほんとそのとおりなの。
あれ見ちゃうと、『やっぱり俺、またここに来たいな』とかさ」

もっと読みたい方は、この記事に飛んでいただければ。
こちらです。 http://ro69.jp/feat/flowercompanyz201010_2?p=2#ftop

で。この「お客さんの目が輝いてる」っていう話を
するバンドマン、確かに多い。
過去、何人かから、同じような話をきいたことがあります、私。
「もう、目がキラキラしてんのよ!」みたいな。

それ、本当にうれしいらしいです、バンドマンは。
しかも、どうも、「人気ある! 人を魅了してる! 俺すげえ!」
みたいなうれしさ、ではないらしい。
もっとこう、ありがたいというか、感謝というか、
「このお客さんあっての自分たちだということがわかる」というか、
「絶対にこの人たちを裏切ってはいけないと思う」というか、
そんな、ある種敬虔な気持ちになるようなうれしさらしいです。
話をきくと。

ふうん。そういうものかあ。
とは思うものの、私はミュージシャンじゃないので、
実感としてはわからなかったのですが。
実はちょっと前に、「ああっ! これかあ!」という体験をしたのでした。

といっても、もちろん、私に向けられたものではありません。
星野源くんに向けられたものです。

前にもネタにしたけど(これ http://ro69.jp/blog/hyogo/48615 )、
去る3月2日に、タワーレコード渋谷にて、シングル「くだらないの中に」の
購入者対象の「楽しいおしゃべりとアコースティック・ミニ・ライブ」
みたいなインストア・イベントに、星野くんの話し相手として
駆り出されたのです、私。
で、超満員のタワーB1スペースで、ふたりでしゃべったんだけど、
私が何かきいて、それに星野くんが答えている間、
彼を見つめるお客さんたちを見ていて、
「ああっ、これかあ! グレートが言ってたキラキラ目!」
と、実感したのでした。

もう、みんな、ほんっとキラキラだった、目が。
インストア・イベントまで来るような熱心な星野くんのファン
というのは、やはり女の子が多いわけで、そのみなさんが
一斉にキラキラ目で彼を見つめているさまを、
逆サイドからじっくり見るというのは、なんというか、
ちょっと、すごい体験でした。
ほんと、チョコレートぐらいだったらドロドロに溶けそうな、
ラジコンぐらいだったら電池入れなくても動きそうな、
それくらいのエネルギーを感じました。あの多数のキラキラ目には。
これ、ほんと、ミュージシャンを動かす力だなあ。と、つくづく思った。


という話を、なんで今頃書いているのかというと、その時
「これ近いうちにブログネタにしよう」と思ったものの、
震災が起きてそんなこと書いてる場合じゃなくなり、
そのままにしていたんだけど、3日前、日比谷野音で雨に打たれながら
星野くんのライブを観ていて、「あ、あれ書いてなかった!」と思い出したのでした。

なので、写真はシングル「くだらないの中に」。
通常盤。というか、初回限定盤も、スリーブケースっていうんでしたっけ、
あの紙のハコみたいなやつから中身を出すと、これが表1のジャケになってます。
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする