モテキナイト3 その3

モテキナイト3    その3

前回の続き。「モテキナイト3」の実況です。

やついくん、いつものアンセム連発、アゲまくって
シメた次のアクトは、在日ファンク。
めっちゃめちゃかっこよかった!
前半はこれまでの曲のメドレー、後半は9月7日に出るニューアルバム
「爆弾こわい」からの曲を連打。
「ある意味日本で最もJBに迫っている男」ハマケン、今夜も絶好調でした。
「ある意味」がどんな意味かは、私、ちょっと前に
このブログに書いたので、未読の方はぜひ。
「ハマケン」か「JB」で検索かけれぱひっかかると思います。

で。次、シークレット・ゲストは、DJ、なんと仲里依紗。
びっくりした。登場したことに、じゃなくて、プレイにです。
四つ打ちかけてた。ちゃんとBPM揃えてつないでた。俺も12インチで持ってる
UKのトラックメーカーのリミックスとか、プレイしてました。
最も、言葉本来の意味での「DJ」だったの、ダイノジでもやついくんでもなく、
彼女でした。

次はACO。ギター、ベース、ドラムのみの、アメリカン・オルタナティブな、
無理やり形容するなら「楽器うまくなったソニック・ユース」みたいな
バンドの音と、ACOの歌、バチバチ火花をちらしたり、ひとつになったりする、
そのさまがすごかった。
いや、そんな激しかったりラウドだったりするわけじゃないんですが、
でも、そういうステージでした。
かっこえー。

次回に続く。

写真は、出番を終えた人たち。楽屋にて。
携帯を向けたら、このように、糖尿じゃないほうが、
糖尿のほうの乳をもみしだき始めました。
私に対するサービスのようだったので、そのまま撮りました。
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする