ポール・マッカートニー、「来年は必ず再来日公演を実現させる」と誓う

ポール・マッカートニー、「来年は必ず再来日公演を実現させる」と誓う

★今年の5月17日、
「アウト・ゼア・ジャパン・ツアー2014」のために東京入りしていたポール・マッカートニーが突如急病(ウィルス性炎症)で倒れ入院!!!!!!

以後も体調が回復せず、日本を含む全てのアジア・ツアーや全米ツアーを中止・延期していたサー・ポールですが、

最近アイリッシュ・ミラー紙の取材に応え、
東京で入院していた頃の自分の状況や「来年、必ず実現させるつもり(!)の再来日公演」について語っている。
以下が、同紙に掲載されていたサー・ポールのコメント。

☆今年の5月に東京で突如入院!!!のいきさつを訊かれて。
「どうもあれは胃腸関連のウィルス炎症だったみたいで、
僕は東京のホテルで急に嘔吐が止まらなくなって急遽入院することになったんだ。
以後も1週間ぐらいろくに何も食べれない状態で、おかげで僕は1週間で1ストーン(約6,35㎏!)も痩せたよ。
まぁ減量したい人にとっては最適の方法かもしれないけど、僕は他人には勧めないね」

☆東京の病院で治療をしてくれた医師たちへの賛辞も。
「彼らは本当に信じられないくらい手厚く僕を治療し看護してくれたんだ。
僕の病状も当初は酷かったけど、入院してすぐ色んなドラッグ(薬)を投与されたから、僕自身はいい気分で安静していたけどね」

☆あの時は自分の命の危機を感じませんでしたか?と訊かれて。
「自分が死ぬかもしれない、ということについては特に心配していなかったけど、
すぐ休養をとらなきゃならなくなって、以後6週間もツアーをキャンセルすることになったのはすごく残念でならなかった、、、。
友達にも言われたんだ、『君は働くのが好きだからこんな風に何もしないで入院しているのはさぞかし辛いだろう』ってね。
でもあの6週間の思わぬ休養のおかげで僕も今はこうして全快したし、以前より頑強な身体で帰ってこれたんだ」

☆今年キャンセルした日本公演についてもこんな風に語っている。

「来年は必ず日本へ戻ってライヴを実現させるつもりだよ」。

ジャパン・ツアー振り替え日程の発表をお楽しみに♪♪♪
児島由紀子の「ロンドン通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする