ビレッジボイス廃刊に。

ビレッジボイス廃刊に。
残念という想いと、まだ出ていたんだという驚きと、両方ある。
ローリングストーンとこのビレッジボイスが僕にとっての60年代から70年代のアメリカ雑誌文化の象徴だった。
昨日の日経夕刊。
渋谷陽一の「社長はつらいよ」の最新記事

最新ブログ

フォローする