週7回以上入浴する高齢者は、要介護になるリスクが低い。

週7回以上入浴する高齢者は、要介護になるリスクが低い。
千葉大などの研究グループが発表した。
一週間に7回以上入浴する高齢者は、週2回以下の人に比べて要介護認定のリスクが約3割減少する。
あくまで湯船に浸かる入浴で、シャワーは駄目みたいだ。
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする