失われた愛の記憶

Cornelius『Mellow Waves』

発売中

Cornelius Mellow Waves
タイトルの「メロウ」という単語はスムーズな/豊かなという意味以外にも成熟や円熟という言葉を想起させる。前作『Sensuous』が文字どおり五感に訴えかけるような音の驚きに満ちた作品だったのとは対照的に、本作はより深化したマチュアなサウンドに変化。歯切れのいいギター、時空を切り裂くようなシンセサイザー、空間を揺らすトレモロのかかったエレクトリックピアノ――2001年発表の『POINT』以降、Corneliusのサウンドマークとして繰り返し使われてきた音の数々が今作でやたらエモーショナルに聞こえてくるのは今作の中心にある「喪失感」がゆえだろう。1曲目の“あなたがいるなら”は恋愛のときめきを歌っているようでいて「あなたがいない」こと、つまり「不在」がテーマになっている。これまでの作品ではどちらかといえば素材にすぎなかった「歌」もボコーダーやエフェクターで処理されてはいるがソウルやR&Bのマナーで歌われ人間味=哀愁を感じさせる。過ぎ去っていった時間と出会ってきた人々、そして、自分のいない未来に想いを馳せることは大人の特権なのだ。(小田部仁)

最新ブログ

フォローする