現実と理想を飛び越えて

グッドモーニングアメリカ 『502号室のシリウス』

発売中

グッドモーニングアメリカ  502号室のシリウス
夢も恋も、生も死も、溜め息交じりの落胆さえ、希望のメロディに変換させる音色とメッセージに胸を突かれる。今年は金廣真悟(Vo・G)の声帯ポリープ手術で3ヶ月の活動休止期間を経て、バンドは無事に復帰を果たし、ここに5thアルバムが完成。今作もグッドモーニングアメリカらしいバラエティに富む曲調を揃え、フロア仕様の踊れる曲調もあったりと、聴き応えは十分。しかも、右から左へ流せない曲調や歌詞にハッとさせられる場面も多い。独特な緊張感を帯びたダンサブルな“ダンスダンスダンス”では《皆で楽しく踊って死にましょう》と歌い上げ、90'Sメロコアにレゲエ風味をねじ込んだ“The Sheeple”では《擦り込めば/核実験も/正義になるんだろう》と痛烈なラインが耳に残る。シリアスな心情を真正面から見据え、高らかに、どこまでものびやかに歌い上げていく。現実に立脚しながら、理想を追い求めるエモーションに体の内側から火をつけられるような感覚に陥る。今作はライブで楽しく騒いだあと、歌詞カード片手に曲の世界観に浸りたくなる作品だ。じっくりと味わい尽くしたい1枚。(荒金良介)

最新ブログ

フォローする