名匠3人の「温故更新」の凄味

5 Billion in Diamonds『5 Billion in Diamonds』
発売中
5 Billion in Diamonds 5 Billion in Diamonds
ブッチ・ヴィグ/アンディ・ジェンクス/DJジェームズ・グリロという、才気のベクトルを異にするプロデューサー陣が結集した新プロジェクト=5 Billion in Diamondsの1st アルバム。ザ・サウンドトラック・オブ・アワ・ライブスのエボットら多彩なゲスト・ボーカルを擁しつつ、70年代音楽からあたかも博物館の研究員の如く丁寧に抽出した「サイケデリックな浮遊感」「フォーキーな質感」「名画サントラの奥深い滋味」といったテクスチャーの数々を、ポップかつエバーグリーンな音楽構造体として編み上げてみせる辣腕ぶりはさすがの一言。ソフト・ロックとフォークの合わせ鏡の先に凛と澄み渡った風景を編み上げる“グラヴィティ・ルールズ”。白昼夢の陶酔から交感神経を研磨するレディオヘッド的な音像へと流れ込む“ブロークン・ウイング”。メロトロン風の調べとアコギの共鳴が悠久の音空間を繰り広げる“ロスト・イン・ザ・シー”……自分たちがリスペクトを寄せる音楽を時代の枷から解き放ち今この時代に提示する、「温故知新」ならぬ「温故更新」とでも言うべき名匠たちの静かな迫力が随所に滲む1枚。(高橋智樹)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする