絶唱で綴るハード・ロック黄金期

ホワイトスネイク『ザ・パープル・ツアー・ライヴ』
発売中
ホワイトスネイク ザ・パープル・ツアー・ライヴ
ディープ・パープル第3期&第4期、つまり「デイヴィッド・カヴァデール在籍期」の楽曲をホワイトスネイク現ラインナップでカバーした『ザ・パープル・アルバム』(15年)を携えたツアーからのテイクが収録されている最新ライブ盤。と言いつつ、今作ではDP曲は“紫の炎”をはじめ“ジプシー”、“幸運な兵士”など5曲に留め、“スティル・オブ・ザ・ナイト”、“ヒア・アイ・ゴー・アゲイン”、“フール・フォー・ユア・ラヴィング”といったホワイトスネイクのキラー・アンセム群と織り重ねることで、ロック史上に燦然と輝く2組のバンドの足跡を、「唯一無二のボーカリスト=カヴァデールによる至上のハード・ロック・ソング」という観点から再定義するような、濃密な充実感に満ちた作品だ。

60代も半ばを過ぎて今なお、いや今こそタフな凄味をもって響く、ワイルドなドライヴ感に満ちた中低音の絶唱。そして、“ユー・フール・ノー・ワン”で聴かせるハイトーン・シャウト――。レジェンドと呼ぶにはあまりにも生々しいバイタリティにあふれた歌声が、ロック黄金期と「今」を直結する。震撼&感激必至の1枚。(高橋智樹)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする