多彩な開花を見せた充実作

ゲンガー『ホエア・ワイルドネス・グロウズ』
発売中
ALBUM
ゲンガー ホエア・ワイルドネス・グロウズ
北ロンドンの4人組。かたやシェイムやファット・ホワイト・ファミリー周辺が象徴する「南」のロウでダーティなヴァイブとは対照的に、ドリーミーでユーフォリックな色彩が魅力だ。本作は2枚目で、グラス・アニマルズやジャンゴ・ジャンゴを手がけるニール・コーマーがプロデュースを務めている。

近年の同地を代表するアクトといえばウルフ・アリス。そのエリー・ロウゼルがバックで歌う“Is This How You Love”は目玉だが、全編を通じてサイケデリックな高揚感と淡いダンス・フィールが感じられるところが今作の醍醐味だろう。音響的なギターのアレンジが美しい“Where Wildness Grows”。カインドネスも連想させる“Rising Tides”のそこはかとないファンク・グルーヴ。また、“Carrion”を始め随所に聴けるネオアコ的なピュアなロック・サウンドは、コミュニオンズらコペンハーゲンの新世代に通じるものも感じさせる。「北」の新たなアイコンとなりそう。(天井潤之介)
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする