毅然とした音楽家としての矜持

岡崎体育『SAITAMA』
2019年01月09日発売
ALBUM
岡崎体育 SAITAMA
2017年にリリースされた2ndフルアルバム『XXL』から約1年半ぶりのオリジナルアルバム。彼のオリジナルアルバムの特色のひとつと言えば、収録曲がノンタイアップ曲のみということ。タイアップ曲を中心に構成された企画アルバム『OT WORKS』では見られない、彼のディープなアイデンティティとアーティスト性が反映された作品となった。DTMと生ギターを掛け合わせた憂いのあるポストロック的トラック“Jack Frost”は情景描写を多用した緻密な心理描写も際立ち、生ストリングスと生バンドによる“私生活”のオケはスーパーの店員をしていた岡崎体育ならではの詳細な人間模様を切り取る歌詞との相性も良い。メロコア、ピアノ弾き語り、R&B、ファンク、ヒップホップ、ヒーリングミュージックなど様々な音楽性で魅了し、最後は彼が積み上げ磨き続けてきた「盆地テクノ」の金字塔とも言える楽曲“The Abyss”で締めくくる構成も非常にエモーショナルだ。長年の目標であった、さいたまスーパーアリーナワンマンを前に格段にアップデート、否、ネクストフェーズに突入したと言っていい。(沖さやこ)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする