知能犯が描き出す新たなフロンティア

ポルカドットスティングレイ『有頂天』
2019年02月06日発売
ALBUM
ポルカドットスティングレイ 有頂天
『全知全能』以来約1年3ヶ月ぶりのフルアルバムは、BPMの速いバンドアンサンブルに雫(Vo・G)の歌と鋭いギターリフが乗るバンドの核となる個性を生かししつつ、“ICHIDAIJI”、“ラディアン”、“ヒミツ”で見せた変化をより追求。初の外部アレンジャーとして数曲に関わったながしまみのりを迎えるなど新たな体制でギターロックの枠にとどまらない音を加え、音楽性を一気に広げている。中でも、ソリッドなロック曲の数々と、雫のラップが光る“ばけものだらけの街”、ジャズアレンジを本格的に導入した“大脱走”、エレクトロ調の“7”、アーバンな“話半分”といった新機軸がともに疾走する。そして、全編をまとめるタイトル曲“有頂天”のホーンを加えたディスコ/ファンクからは、バンドという枠組みすら飛び超えてポップミュージックの中心地へと手を伸ばす様子が想像できる。そうして強固に浮かび上がるのは、ロックのクリシェを逸脱して突き進む知能犯としての4人の姿。ポルカの頭脳=雫の壮大なビジョンと、メンバーの高い演奏力とが手を取り合った、新たなフロンティアがここにある。(杉山仁)
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする