純白の迷宮、荒野の自由

欅坂46『黒い羊』
発売中
SINGLE
欅坂46 黒い羊
己を貫くがゆえに孤立する「黒い羊」と、他者に同調し群れを成す「白い羊」の二項対立で描かれているようでいて、このシングル表題曲“黒い羊”が残酷なまでに厳然と指し示すのは、「孤立を恐れるあまり白い羊のふりをして日々を遣り過ごしている黒い羊の葛藤」そのものだ。あなたは自分の人生を「白い羊」を装うことに費やしていないか? 自分の中に息づく「黒い羊」の真価を押し殺してはいないか?――そんな冷徹なまでの問いかけで聴く者すべてを逃げ場なく当事者にしてみせるリリックの筆致はもちろんのこと、そんな世界観をスリリングなまでにリアルに体現する「『決然とした違和感』の象徴」としての平手友梨奈の存在感が、ピアノを軸に研ぎ澄まされた音像と緻密なハーモニー越しに改めて明快に浮かび上がってくる。チャイルディッシュ・ガンビーノ“This Is America”への日本からのアンサーとも言うべきミュージックビデオの中で、幾度もハグを拒絶される平手の姿が、《それでも僕はいつだって/ここで悪目立ちしてよう》というラストのフレーズとともに胸の奥に焼き付いて離れない。(高橋智樹)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする