変わらないまま変わっていく

KEYTALK『BUBBLE-GUM MAGIC』
発売中
SINGLE
KEYTALK BUBBLE-GUM MAGIC
今年3月にユニバーサルミュージックへの移籍を発表したKEYTALKの移籍第一弾シングル。ひと際垢抜けた最新のアーティスト写真からも、ここから何かが変わりそうな予感をひしひしと感じていたが、今作の表題曲“BUBBLE-GUM MAGIC”はバンドが確実に新しいフェーズに突入したことを告げる新機軸のダンスナンバーになった。スタイリッシュで開放的なアレンジ。クラブライクなビートと横揺れのグルーヴ。サウンドのあちこちに新鮮さが溢れているが、一方で首藤義勝(Vo・B)が紡ぐ中毒性の高いキャッチーなメロディや、楽曲のテーマに「夏」を選んだこと、軽やかなツインボーカルの掛け合い、小野武正(G・Cho)の主張の強いギターの存在感まで、従来のKEYTALKらしさもこれでもかと詰まっている。歌詞で歌われるのも《変わらない 変わることない この瞬間歌う僕ら》というフレーズだ。明らかに真新しいKEYTALKなのに、涙が出るほど懐かしい彼らに出会ったような痛快な進化作に仕上がった。カップリングは巨匠(寺中友将/Vo・G)作詞作曲のミディアムテンポ。夏が待ち遠しい。(秦理絵)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする