深遠なるインナー・トリップ

フライング・ロータス『フラマグラ』
発売中
ALBUM
フライング・ロータス フラマグラ - 『フラマグラ』『フラマグラ』

全27曲67分のサイケデリックでコズミックな内面への旅。これがデビュー以来13年で急激に進化してきたフライローの鮮やかな現在形だ。

フライング・ロータスことスティーヴン・エリソンの、4年7ヶ月ぶりの通算6作目。前作『ユーアー・デッド!』までは律儀に2年ごとに出していたので、ここまで間が空いたのは初めてである。とはいえその間、サンダーキャットケンドリック・ラマーのプロデュースを手がけ、映画監督として『KUSO』なる特異な魅力を持ったカルト・ホラー映画を作り、『ブレードランナー ブラックアウト2022』のサントラを手がけ、さらに〈ブレインフィーダー〉のオーナーとしてサンダーキャット、カマシ・ワシントンやルイス・コール、ドリアン・コンセプトなどの話題作を次々とリリースし、そして合間にはツアーで驚天動地の3Dライブを世界中で展開している。そのように多忙を極める中、これぐらいのブランクはむしろ当然とも言えるだろう。

昨年の10月に彼に電話取材した時点で、新作はほとんど完成していたようだ。クレジットを見ると、前作以上に豪華なコラボレイターが参加している。全27曲(日本盤ボーナス・トラックがプラス1曲)中、20曲がサンダーキャットことスティーヴン・ブルーナーとの共作で、さらにブランドン・コールマンが8曲、先日のシネマティック・オーケストラの新作で素晴らしい働きをしていたミゲル・アトウッド・ファーガソンが7曲で共作。ファーガソンはストリングス・アレンジでも5曲参加している。ほかにアンダーソン・パーク、ジョージ・クリントン、ユキミ・ナガノ(リトル・ドラゴン)、ハービー・ハンコックトロ・イ・モワ、デヴィッド・リンチ(映画監督)、ソランジュ、ロバート・グラスパーといった名だたるゲストたちが、共作者に名を連ねている。

前作に於けるジャズのような、サウンド上の強力なコンセプトは見当たらない。これまでのフライローのキャリアに於けるさまざまな音楽体験と、クリエイティブな成果を俯瞰しつつ、それぞれをさらに磨き上げグレードアップしたような印象だ。フライローは常々、インスパイアされるもののいろんな影響を全部自分の音楽の中に取り込むと公言しているが、実際ここには禁忌など一切ない。フライローの頭の中で渦巻く奇怪な妄想をそのまま音像化したようなサウンドは、驚くほどアイデア豊富で才気煥発。生まれ育った家庭に流れていたジャズやR&B、ソウル、アフロ・ファンクやクラシックから、成長してから夢中になったヒップホップやテクノ、エレクトロニカ、ドラムンベース、地元LAのパーティーで流れていたであろうアブストラクトでエクスペリメンタルなビート・ミュージックに至るまで、彼のストックにしまいこまれたあらゆる音や、その背景にある文化状況そのものが、彼自身のフィルターを通してさまざまな形で歪められエディットされて鳴っている。それらが実は彼が依って立つLA〜カリフォルニアの伝統の土壌の上に成り立っていることが、本作を聴けばよくわかる。それはシャッフル気味に鳴らされるビート感や繊細に編まれるポリリズム、どこかルーズで温かみがあるテクスチャー、想像力を刺激するような余白が多いサウンドに表れている。サン・ラやファラオ・サンダースに共通するアフロセントリックでサイケデリックな宇宙観も含め、フライローがごく初期から持ち合わせていたものだが、ここでは最高度に洗練されたビートメイクとサウンド構築でじっくり聴かせる。

フライローらしいディープでスペイシーなフューチャー・エレクトロ“ヒーローズ”に始まり、アンダーソン・パークのメロウなラップ“モア”、ローのアタックが強烈なエレクトロニックR&B“キャピラリーズ”、ジョージ・クリントンをフィーチャーした狂気のヘヴィ・ファンク“バーニング・ダウン・ザ・ハウス”、デヴィッド・リンチのナレーションが不気味な“ファイヤー・イズ・カミング”と、目くるめく万華鏡のような、あるいは悪夢のようなサウンドスケープにあって、フライロー自ら弾くピアノと典雅なストリングスがゆったりとステップを踏むノスタルジックな“セイ・サムシング”が面白いアクセントとなっている。サンダーキャットがメロウなファルセットを聴かせる曲やトロ・イ・モワをフィーチャーしたメロウなシティ・ソウル、ソランジュをフィーチャーしたメランコリックでコズミックなアンビエントR&Bなど、後半に行くにつれ憂鬱の色が濃くなる。それが本作の肝だろう。友人である故マック・ミラーに捧げた“サンキュー・マルコム”の美しさは白眉だ。その深いエモーションに震える、素晴らしい傑作の誕生。 (小野島大)



詳細はBEATINKの公式サイトよりご確認ください。

ディスク・レビューは現在発売中の『ロッキング・オン』6月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。

フライング・ロータス フラマグラ - 『rockin'on』2019年6月号『rockin'on』2019年6月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする