愛が歌われ尽くしたあとに

RADWIMPS『天気の子』
発売中
ALBUM
RADWIMPS 天気の子
傑作映画には傑作サウンドトラックが付き物だ。つまらない映画に素晴らしいサウンドトラックが用いられることはあっても、素晴らしい映画のサウンドトラックが駄作であることはない。それぐらい、映像作品における音楽の役割は重要なのである。旋風を巻き起こした『君の名は。』はその意味で傑作のケースに当たるわけだが、新海誠監督×RADWIMPSのタッグ再来となる『天気の子』は、断じて二匹目のドジョウ狙いではない。それは、『君の名は。』という傑作と比較されることを進んで引き受ける、困難な挑戦に他ならないからである。RADWIMPSは本作で、ストリングスやホーンやエレクトロニカといった多様なサウンドを用い、あらゆる角度から映画の世界観を捕らえている。インストの劇伴曲においても、今にも語り出しそうな雄弁な歌心を込めてみせた。そして、まさに分厚い雨雲を切り裂いて光を呼び込むような三浦透子の歌声。野田洋次郎は数々の女性ボーカル曲のプロデュースを経て、RADWIMPSの清冽なロックと女性ボーカルを融合させた。喪失の向こうで果たされるべき、出会いの音楽だ。(小池宏和)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする