達人たちの荘厳なる別次元

サンズ・オブ・アポロ『ライヴ・ウィズ・ザ・プロヴディフ・サイコティック・シンフォニー(完全生産限定盤)』
発売中
ALBUM
サンズ・オブ・アポロ ライヴ・ウィズ・ザ・プロヴディフ・サイコティック・シンフォニー(完全生産限定盤)

マイク・ポートノイ&デレク・シェリニアン(ex. ドリーム・シアター)、ロン・“バンブルフット”・サール(ex. ガンズ・アンド・ローゼズ)、ビリー・シーン(MR. BIG)、ジェフ・スコット・ソート(ex. イングヴェイ・マルムスティーンズ・ライジング・フォース etc)といった強者集団=サンズ・オブ・アポロによるアルバム『サイコティック・シンフォニー』は、ハードかつ重厚なプログレッシブ・メタルの荘厳なまでの凄味を2010年代の音楽シーンに改めて提示する名盤だった。そして、そのアルバム全曲を盛り込んだトータル3時間に及ぶこのライブ盤からは、SOAというHR/HM辣腕プレイヤー超合金合体的な音楽共同体が、我々の想像を遥かに超えた豊かな発展の可能性を備えていることを、そのサウンドを通して超然と響かせている。

来日公演も行われた昨年のワールド・ツアーから、ブルガリアの古代ローマ劇場で行われた二部構成のスペシャル・ライブの模様を収めた今作。アルバム曲をメインとした第一部はもちろんのこと、地元管弦楽団&合唱団とのコラボによる第二部は圧巻。SOA曲“ラビリンス”をはじめ“ヘルズ・キッチン”や“ラインズ・イン・ザ・サンド”といったドリーム・シアター曲、さらにツェッペリン“カシミール”にレインボー“バビロンの城門”にクイーン“ショウ・マスト・ゴー・オン”にピンク・フロイドエアロスミスヴァン・ヘイレン……といったロック・マスターピースの壮麗なるアクトを惜しげもなく展開。類稀なるプレイアビリティの持ち主だけが到達できるロックの次元の在り処を、今作は厳然と指し示している。ピンク・フロイド&エアロスミス以外全曲の映像が収められた限定盤のライブDVDは、SOAという奇跡の真価をより明快に伝えてくる。 (高橋智樹)



各視聴リンクはこちら

ディスク・レビューは現在発売中の『ロッキング・オン』10月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。

サンズ・オブ・アポロ ライヴ・ウィズ・ザ・プロヴディフ・サイコティック・シンフォニー(完全生産限定盤) - 『rockin'on』2019年10月号『rockin'on』2019年10月号
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする