色褪せないときめきが与える力

Buzz72+『13』
発売中
MINI ALBUM
Buzz72+ 13
サウンドプロデューサーとしてBiSHBiSなどを手掛けている松隈ケンタが、メジャーデビュー15周年、結成20周年の節目でBuzz72+を再結成。過去にリリースした曲の新録、松隈が中川翔子に提供した“フライングヒューマノイド”のカバー、新曲“Beret city”が、本作には収録されている。過去の曲からは、未来への不安を抱えつつも懸命に生きている人の息遣いが伝わってくる。これはかつての彼らの姿が反映されているのだろう。こうして再び集まり、胸躍らせながら音を奏でられる未来が待っていたというのは、照れくささも含んだ幸福をメンバーたちに噛み締めさせているに違いない。過去の自分が最高だと思ったものを時が経っても最高だと感じられるのは、その先の人生へと進む力に少なからず繋がる。雄大に音を轟かせながら《心のままにその足を踏み出せ/もう一度》と歌う新曲“Beret city”は、そういう体験をした彼らの想いが、反映されているのだと思う。そして、Buzz72+が紆余曲折を経ながらも、こうして今、輝いているという事実は、我々リスナーを鼓舞する美しいメッセージにもなっている。(田中大)

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする