翻弄する愛、解けないポップの謎

back number『エメラルド』
発売中
DIGITAL
back number エメラルド
《撫でるよりも丁寧に/それでいて深い傷を残す/君の6秒間のキス》という導入の時点で、これまでの「back numberのラブソング」の概念を一新するようなミステリアスな妖力を漂わせてくる、ドラマ『危険なビーナス』の書き下ろし主題歌“エメラルド”。“高嶺の花子さん”以降back numberの音楽世界に幾度も新風を吹き込んできた名匠・蔦谷好位置のプロデュースのもと、クール&タイトなビート感とハイブリッドな質感のアレンジを織り込みながら、この楽曲が鳴らしているのは他でもない「君という名の永遠の謎」へのエモーショナルな希求そのものだ。求め合っているのに、いや求め合っているからこそすれ違ってしまう恋愛の形を、時に残酷なまでに精密な筆致で描き切って音楽へ昇華してきた清水依与吏が、愛の謎の奥底に確信的に踏み込んだ決定的瞬間。《エメラルドのシャツの奥できらめく/生身の君の正体を 夢見る僕の切なさよ》……ロックバンドとしてラブソングを追求し続け日本屈指のアイコンとなった3人が、時代との妖艶なポップ共犯関係をさらに深めていく予兆を感じさせる名曲だ。(高橋智樹)

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする