甘いけれど危険な声

斉藤壮馬『in bloom』
発売中
ALBUM
斉藤壮馬 in bloom
声優として活躍する傍ら、2017年にアーティストデビューした斉藤壮馬のセカンドアルバム。以前より作詞作曲を手掛けていたが、満を持して今作ではすべてが自身の作詞作曲によるものだ。さまざまな役柄を演じたり、キャラクターソングをも歌いこなす変幻自在の表現力に加え、好きなアーティストにART-SCHOOLGRAPEVINEを挙げる音楽好きな彼のパーソナリティと嗜好が、タイトルどおり「開花」している。文学にも造詣が深い斉藤壮馬の書く詞世界は、リアルな情景を描きながらもどこか幻想的で、現実から一歩足を踏み外した先にあるような、危険な香りが漂う。今作では、その香りがさらに深みを増したぶんだけ、サウンドもまたひと癖ある楽曲が並んだ。ロックナンバーからバラード、シティポップ、ヒップホップにシューゲイザーまで、まるで多重人格者のごとく表情を変えていく多面性に翻弄されるのがたまらなく心地好い。toethe HIATUSの柏倉隆史、ELLEGARDENの高橋宏貴、KEYTALKの小野武正ら、豪華なゲストミュージシャンを従えて描く、斉藤壮馬劇場をご堪能あれ。(後藤寛子)

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする