溢れ出す無濾過の感情

10-FEET『アオ』
2021年03月10日発売
SINGLE
10-FEET アオ
《二回目の純粋さ》――この一節が痛いほど胸に刺さった。大概大人になって、汚いところも知って、疑うことも知って。幼い頃には戻れないけれど、でも、そこにあると10-FEETは歌うのだ。《二回目の純粋さ/みたいな作り上げた優しさの本当の意味》が。そして、《分かり合えないよ 一つにもなれないよ》と嘆きながら《それでもまた また明日だよ》と続く。リスナーへ届けたいメッセージでもあるだろうけれど、誰よりもTAKUMA自身が自分に言い聞かせている独白にも思える。あらゆるものを背負ってなお進む、10-FEETにしか語れない歌だ。

昨年10月の『シエラのように』から約5ヶ月。近年ではかなり早いリリースペースに呼応するように、リアルタイムの感情をぎゅっと濃縮還元したような温度を感じる。シーケンスなどの新しい要素を取り入れつつ、不動の3人のアンサンブルと強いメロディを核にした、ストレートなロックが清々しい。これまでバンドやリスナーやシーンのことを熟考して1曲1曲を生み出してきた彼らが、今触れようとしているのも、《二回目の純粋さ》なのかもしれない。(後藤寛子)

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする