窮屈な日常の中で

chelmico『gokigen』
発売中
ALBUM
chelmico gokigen
アトラクションをモチーフに、人生を描いているであろう“Roller Coaster”。同曲の《浮く時あって/沈む時あって/凪なんて無いぜ》や《そう簡単にはいかない》というリリックの通り、我々はいつも人生に振り回されっぱなしだ。荒波に揉まれながらも、少しでも「ご機嫌」になるべく試行錯誤をして、一喜一憂しながらなんとか毎日をつないでいる。彼女たちの4thフルアルバムには、シビアな日々を懸命に生きる人間の葛藤や美学が刻まれていると言っていいだろう。

Rachelの産休明け初楽曲“三億円”やtofubeatsと初めて共作した“Meidaimae”など既発曲3曲を含む今作は、盟友トラックメイカーに加え、インディーズ時代以来の共作となる作家、彼女たちが尊敬するRIP SLYMEのDJ FUMIYAなどを招いて制作。様々なジャンルをブレンドした大胆なトラックではクールかつユーモラスなフロウを響かせ、繊細な感情を綴ったリリックでは心の声に耳を傾けるように歌う。ギミックの効いた展開も小気味よい。彼女たちの気負わない、だがぶれることのない意志が、凛と輝いている。(沖さやこ)

公式SNSアカウントをフォローする

人気記事

最新ブログ

フォローする