力まずに産む

Chara『breaking hearts』
2009年07月29日発売
SINGLE
Chara breaking hearts
プロデューサーに蔦谷好位置を迎えた前作『TROPHY』から約1年半ぶりのシングル。冒頭の《ねえ、私に集中してる?》――コレ、必殺フレーズでしょ。“breaking hearts”はCharaが紡ぐ女子言葉がわかるリスナーにはすんなりと心になじむミディアム・スロウな名曲である。アレンジは06年の“あなた”(シングル『世界』のカップリングで小坂明子のカバー)以来の共同作業となるSWING-O。彼女本来のナチュラルなグルーヴが響いてきて、実に心地いい。ここ数年はレコード会社の移籍や、様々なアーティストとのコラボなど話題は尽きず、自身は常に新しい刺激を求めながら「音楽する私」を高めてきた。そして昨年冬の「Chara Tour 2008『honey』」で「私は愛されているんだ」という大きな感覚を得たという。周りの人に、お客さんに、そして音楽に、なのだろう。だから今作には気負いがなく、新しい扉を開けようとせずとも豊かでフレッシュな収穫がある。Chara本来の魅力と、日常につきまとうどんな不安も越えて見せる、今の彼女だからこそのメッセージが自然と音楽になっている。(上野三樹)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする