ファンキー4が放つミラクルな歌もの

SCOOBIE DO『MIRACLES』
2011年10月05日発売
ALBUM
SCOOBIE DO MIRACLES
スクービードゥーと言えばソウルフルなロックンロール、と相場が決まっているのだが、そのレールに乗って突っ走るだけじゃねえぞ、という心意気がこの新作には溢れている。
 
前作『何度も恋をする』で、少しそれは感じられたのだ。ダンサブルに攻めまくるのではなく、聴かせる方向に持って行こうと。それを更に進めたのが本作と言えようか。振り返れば、ドクター・フィールグッドばりのスーツ姿ながらガレージ・ロックにしてはスマートで、バンドでやるには無理がないか?と思うような曲をデビュー当時からやっていた。そのギャップが個性なのだが、5年前に自主レーベルのチャンプレコードを設立以来シンプルなバンド・サウンドに焦点を合わせて足下を固めて来た。そこから原点回帰しつつ一歩進めたのが前作で、本作で辿り着いたのは、まさにミラクルなバンドとしての歌ものだ。タイトルはスモーキー・ロビンソンへの敬愛も窺えるが、ちょいと甘いバラード“ドア”や管楽器入りのポップ・チューン“恋の彗星”を歌い上げるコヤマシュウには大人の色香も出て来たような?(今井智子)
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする