それでもロックすべきだ

木村カエラ『Sync』
2012年12月19日発売
ALBUM
木村カエラ Sync
10月にアコースティックな音色の中で素直な言葉を綴ったシングル曲“Sun shower”をリリースしたことは彼女にとって大きなことだっただろう。冒頭から《この辺りで心を休めようか》と優しく歌われるこの曲には、自らの内面の変化と向き合い、それを表現することを恐れなかった新しい木村カエラがいる。そのモードはこのアルバムにも顕著で、穏やかな時間の中にも心の中に消えない野望や勇気を掬い上げるように歌われる“coffee”や、可愛い歌い方で聴き手の心までもをピンク色に染めるポップ・ナンバー“Cherry Blossom”など、かつてないタイプの魅力が満載だ。求める音、歌いたい言葉が変わってきたことに対する、戸惑いもあったのではないだろうか。だけどそれを封じたり抗ったりせず、ちゃんとこの作品に刻めたことは、同時に「これからもずっと歌っていきたい」という気持ちそのもののようにも思える。そんな揺れる気持ちも変わらない衝動も全部、集約しているのが“Synchronicity”。彼女が今あらためて歌う《ロックすべきだ》という言葉は、かつてないほどのパワーと光を帯びて放たれていた。(上野三樹)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする