ROCKを無限に包容せよ

木村カエラ『ROCK』
2013年10月30日発売
ALBUM
木村カエラ ROCK
先頃、自身のオフィシャルサイト上でめでたく第2子の誕生を報告した木村カエラの、新たに設立したプライベート・レーベル=ELA(エラ)初リリースとなるアルバム。ロック・カルチャーが爆発的に拡大した60年代から、MTV影響下で栄華と多様性を極めた80年代までの洋楽名チューンを、洋邦アーティストとの共演によってカヴァーしている。ひとつ間違えば雑多な印象になりかねない企画だが、岸田繁(くるり)とのザ・フー→Predawnとのカーペンターズと辿り着く珠玉のクライマックスは、驚くべき聴き応えと充実感をもたらしてくれるはずだ。

木村カエラは時代の空気と自身のモードを敏感に捉えて作品に落とし込むアーティストだから、これほどまでにトータルで多角的な表現力が発揮される作品というのは、ベスト盤以外にありえないのではないか。例えば、フレディ・マーキュリーのロックンロール馬鹿一代記“愛という名の欲望”という選曲によって、多彩な表現を極めたバンド=クイーンの本質をズバリと言い当ててしまう。そんな風に、コラボ相手や選曲にもいちいち唸らされてしまう作品だ。(小池宏和)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする