いきものがかり
いきものがかりの「10年」――3人が「時代と交わしてきた会話」のすべてを語る

3月15日にリリースされるいきものがかりのベスト盤『超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~』は、ボーナス盤まで合わせると全60曲、収録時間は5時間にも及ぶ、彼らのデビュー10年の軌跡を網羅した内容となっている。この10年の間、国民的ヒットナンバーを世に送り出し続けてきた3人は、いきものがかりというグループをどう捉え、どう振る舞い、何にこだわり続けてきたのか。『ROCKIN'ON JAPAN』初登場となる超ロングインタビューに先駆け、一部発言を抜粋してお届けする。

インタヴュー=小栁大輔 撮影=藤原江理奈

俺らは回転寿司みたいなもので、お寿司を皿に載せて回すんですけど、あとはもうリスナー次第なんで「好きなの取ってってください」っていう(笑)。その一番のヒットが“ありがとう”で、いろんな人が好きで食べてくれた(山下穂尊/G・Harmonica)

個人を離れられるっていうのは世の中とつながること、それが一番幸せというか、楽しいことだと思っていて。いつの間にかいきものがかりは個人の限界を超えてそういう形になって、それがすごい大事なことになっていったのかなと思います(水野良樹/G)

「この曲があって1日生きられました」っていう音楽との付き合い方が必要な時もあると思うんですけど、最終的にはその曲がなくても明るく生きられる状態にするのが一番いい。ポップソングはそこまで行っちゃいけない気がしてる(水野)

3人でやる意味として、いきものがかりとして曲を届ける時に1本筋の通ったものが欲しかった。その中で、できあがってきた曲をフラットに伝えるのが「いきものがかりのヴォーカル」だと思うし、それがいきものがかりなんで(吉岡聖恵/Vo)

10年間やってきて、こうやって多くの人に聴いていただける状態になっても誰もカリスマにならないって、それはすごいことだと思ってて。カリスマになっちゃったほうがラクなんですよ。そこをどこかで抑えて、「そういうことをするな」っていきものがかりをやってきたから。そこに面白さがある(水野)

続きは2016年2月29日(月)発売のロッキング・オン・ジャパン 4月号で!

ロッキング・オン・ジャパン
  • ROCKIN’ON JAPAN 2016年4月号

メンバー全員&鮪単独インタヴュー! 「メンバーへの手紙」も一挙掲載!

  • 初の表紙巻頭! 最新作『Origin』が導く新たな旅路を全員で語る&メンバー同士の「心のお手紙」 そして、メンバー個別インタヴュー・谷口鮪編も!
  • ●雑誌コード:09797-04
  • ●発売日:2月29日
  • ●定価(税込):特別定価669円(本体619円)
詳細はこちら
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする