ROCKIN'ON JAPAN INTRODUCTION
吉井和哉

吉井和哉

最高傑作! 4年ぶりのニューアルバムを語る!!

『The Apples』以来、実に4年ぶりとなるニューアルバム『STARLIGHT』を完成させた吉井和哉。THE YELLOW MONKEY時代の古巣であるTRIADに移籍して初となる本作は、ストレートかつシンプルに「吉井和哉のロック」を提示するアルバムとなった。ソロアーティスト・吉井和哉として、作品ごとにそのど真ん中を探し続けてきた吉井は、今なぜ最高傑作を作り上げることができたのか。2月28日発売の『ROCKIN'ON JAPAN』4月号掲載のインタヴューで語られている彼自身の言葉から、その理由を探る!

撮影=玉川竜(M0)

今回サウンド面は自分の欲をあんまり出さなかったんですよ。自分のギターも使わないで、うまい人が弾いてくれりゃいいやみたいな感じで。自分がプレイしてない部分が多いので、結構実感ないまま進んでいったんですよ。ただ音は気持ちいいなあ!という。だから今回は音よりも、詞とか表現するもののほうにはまっていて。音は……うん、結構安心してみんなに任せられた

『ヨシー・ファンク Jr.~此レガ原点!!~』のときは、原曲に忠実に構成して作ったんですよ。それでもちゃんと吉井和哉のカラーになった。だからそれがヒントになってて、今までみたいに装備をいっぱい付けて、ひねって、「あ、こうなってんだ」みたいなのではなくて、シンプルな曲を作りたいなというのがあったのかもしれない

“STRONGER”は本音です。今までの、イエローモンキー時代も含めた楽曲全部の本音をそこに込めた。「死んじゃうんだよ、いつか!」って。僕らどんどん、いつか迎える死に向かって歩きださなきゃいけないということを、もっと堂々と歌っていいんだなって。「だけど死ぬまで絶対続けてやるからな」っていう意志表明にもなった

マスタリングし終わって通して聴いた時に思いました。やってる時はそんなつもりはなかったのに、“Hattrick'n”がちょっと“SPARK”に聞こえたり。“Like a Starlight”が“楽園”に聞こえたり。「うわ、恥ずかしいっ!」みたいにちょっとなっちゃったんだけど、そういうアップデートの仕方ができてる気がします

歌詞の苦労をしたっていうイメージはある。やっぱり歌詞は、これぐらいでいいだろうなっていう合格点より、なるべく高いところを目指してたのがあるから。それが楽曲を引っ張った気はちょっとしてる。でも、自分でもわかんないんだけど、『The Apples』の時とはまったく違いますよね、まったく。人が変わったぐらいに違いますよね

古き良きロックンロールの幻想がすごく大きかった人種だったけど、ちょっとそれだけじゃもうだめだよねっていうのを感じた。今回、自分なりの、肉体だけのロックを見つけないとなっていうのはすごく思ってましたね。ディテールを揃えてからやるっていう、今までの図式ではなくて。弾き語りアルバムでもいいんだよっていうスタンスというか

何か自分のことを赦したなと思った瞬間はありました。吉井和哉を赦してあげたんだなあと。「もういいよ。好きなことやりなよ」っていう。月並みなこと言うとようやくいろいろ成仏したんじゃないですかね。10周年も終えて、カヴァーも出させてもらって、古巣に移籍して。初めてソロになった時とは全然違う自信がちゃんと芽生えてきていて

50を前にして、角も取れてきたのかなと思うんですけど。そういう部分を受け入れて今後もやりたいなあと(笑)……もっとみんなのためにみんなで作りたいって気持ちが結構、大きくなってきて。逆にこの歳になんないとできないことかもな、とも思ってるので。そこを間違えずに、次の10年を頑張りたいです(笑)

続きは2015年2月28日(土)発売のロッキング・オン・ジャパン 4月号で!

ロッキング・オン・ジャパン
  • ROCKIN’ON JAPAN 2015年4月号

37年目の傑作『葡萄』を桑田佳祐、語る

  • 実に10年ぶりのニューアルバム『葡萄』、ついに完成! デビュー37年目、サザンは何故今、デビュー作の如き「新しさ」を手に入れることができたのか? 桑田佳祐に迫る超ロングインタヴュー&サザン全15作のオリジナルアルバム・レヴューを掲載!
  • ●雑誌コード:09797-04
  • ●発売日:2015-02-28
  • ●特別定価:657円 + 税
詳細はこちら

↑TOPに戻る

最新ブログ

フォローする