電波少女 新メンバーが電撃加入! その真相を明かした独占&初の3人インタビュー

電波少女 新メンバーが電撃加入! その真相を明かした独占&初の3人インタビュー

電波少女の華がある感じにいつも憧れていた(NIHA-C)


──驚きました。というか、そうきたかと(笑)。ハシシさんはこれまでも時々「もうひとりMCがほしい」と言っていましたが、やはり本気だったんですね。

ハシシ 「もうひとりほしい」っていうことは、ナイス(nicecream)とふたりになった当初、めちゃくちゃ思ってたんですよね。やっていける自信もなかったし、それまでは自分がフロントにソロで立ったこともなかったので、そこにやりづらさを感じたりしてました。でもそれから結構月日も経って、ソロのMCとしてライブを重ねていくごとに、ようやくふたりでやっていく形が見えてきたなあとは思ってたんです。だから正直そこまでメンバーを増やすことを意識してたわけではなかったんですよ、最近までは。まあ、いたらいいなあっていうくらいで。

──昨年のメジャーデビューアルバムにもNIHA-Cさんは参加していたし、アルバムツアーにも帯同してましたよね。その流れがあって、今回の新加入への思いが固まったという感じですか?

ハシシ いや、もうほんと最近なんですよ。NIHA-Cくんに入ってもらおうって思ったのは。今年に入ってから……2月頃かな?

──なぜNIHA-Cさんに入ってもらおうと?

ハシシ なんでですかね。いや、なんかこれ気持ち悪いっすよね、彼女ができたきっかけを話してるみたいで(笑)。

──ははははは。確かに。でも、そこは照れずにひとつ(笑)。

ハシシ なんか、NIHA-Cくんとは家も近所で、一緒にメシ食いに行ったりする仲で。で、去年、電波少女がメジャーデビューしたタイミングにNIHA-Cくんもアルバムのリリースがあって。自分から見ても、NIHA-Cくんのアルバム、すごいよかったんです。電波も自信のあるものを出せたんですけど、いまいち時代にマッチできてないって思う部分もあったり、何かいまひとつだなっていう部分があって。お互い相談じゃないですけど、そういう話もNIHA-Cくんとしつつ。で、なんか成り行きでっていう(笑)。

──NIHA-Cさんとしては、その成り行きっていうのはどう受け止めていたんですか?

NIHA-C 「一緒にやらないか」って話を具体的にはっきりともらったのが2月だったんですけど、ずっと自分はソロでやってきて、誰かと一緒にやるっていうことに憧れてはいたんです。電波少女は自分にとっては先輩だし、ステージを観てても、ハシシさんが歌って、ナイスさんのダンスがあって、華がある感じにいつも憧れていたっていうか。電波に限らず、グループのヒップホップってかっこいいなと思ってて、いつか自分も誰かと一緒にやりたいなっていう思いはありました。でも、やっぱりマッチする相手とじゃないとグループ活動は続けられないですよね。で、僕自身も次に何をやろうかなと考えていたタイミングで、ハシシさんから「電波少女で一緒にやらないか」って言われて。

──それで加入を決めたんですね。

NIHA-C ハシシさんにも言ったんですけど、俺個人としては、電波少女に入れるんだったら、それはずっとやりたいと思ってたことだし、願ったり叶ったりだなと。だからあまり悩むこともなく、すんなり「やらせてください。やりたいです」って返事をしました。

──結構前から電波少女に入れたらいいなっていうのは、言葉にしないまでもどこかで思っていたことだったんですね。

NIHA-C そういう感じでした。

──なんだ、相思相愛だったんじゃん、みたいな?

ハシシ 付き合うまでが長かった的な(笑)。

(NIHA-Cの加入は)最初はちょっと心配になった(nicecream)


──ナイスさんは、NIHA-Cさんが入るっていう話はどの段階で聞きましたか?

nicecream 加入が確定する寸前くらいに、一応ハシシから電話があって「メンバー増えてもいい?」って。なんか「家族増えてもいい?」みたいなトーンで言われて(笑)。やっぱり驚きだったし、思いもよらないことだったので、最初はちょっと心配になりました。最初に言われた時は、「マジ? 大丈夫?」みたいなことを聞き返したと思う。

──心配になったっていうのはどういう部分で?

nicecream すごく仲のいい友達だった人が、家族みたいになって、これまでの関係じゃなくなるなってことを、反射的に最初はちょっと心配しちゃったんです。でもハシシが電話で「こういう経緯で」、「こういう考えで」みたいなことを話してくれて、その数分で、「よくよく考えたら今までの曲とか相性とか、たぶん友達としてもすごく合ってたし、あ、これはいいかもなあ」って思って、最終的には全然迷いなく「オッケーです」って返事しました。

ハシシ これまで音楽活動をやってきて、解散だったりメンバー脱退だったりとかが多かったので、人とやることの難しさを感じていたし、どんなに仲のいい人とでも、ずっと一緒にいるとちょっと気持ち悪くなっちゃう瞬間っていうのがあって。だからナイスの言うような心配も多少あるんですけど──。今まで電波少女をふたりでやってきて限界が見えたってわけじゃないんですよ。けど、「こういうことができる、できない」っていうある程度の予想ができてしまったというか。でも、やっぱり人が増えればその分可能性は当然広がるし、そこで対人関係、人間関係の難しさみたいなものが出てきたとしても、今までの失敗とかを踏まえて、自分が成長しないといけないな、うまくやっていかないといけないなとは思っています。

──それがどう出るかは、これから一緒にやっていかないとわからない部分ですよね。

ハシシ そうですね。まだ入ってもらったばっかりなので。今まではNIHA-CっていうMCと電波少女との間に明確なしきりがあったから、共演する時には「これ以上は俺が言うところじゃないな」って、お互いに譲る部分があったんですけど、同じグループになったら当然NIHA-Cくんも、俺やナイスにそのしきりをまたいで言うこともあるだろうし、そうなると当然ギクシャクする瞬間もあると思うんですよね。でも今はあんまりそういうマイナス部分には目を向けずに、楽しくやれればいいかなと(笑)。

NIHA-C ハシシさんの場合は、何かものを作る時にはバシバシ自分の意見を言ってくれるから、例えばこれから「ここは絶対譲れない」みたいなところでぶつかった時に、どうやっていこうかなあっていうのはありますけどね。でもこれまでも、いろいろ言われてよくよく考えた後に、ああ、ハシシさんが言ってたことが正しかったんだなって思うことが多かったので、俺はそれを信じるのが一番いいかなって思ってます。だからそんなに悲観的になってないし、不安もないですよ。

nicecream 「よくよく考えればハシシ正しかったな」っていう感覚は僕にもよくあって、たぶんそういう感覚を持った人でないとうまくいかないだろうなっていうのはある。そういう意味でもNIHA-Cくんなら大丈夫だと思いました。

次のページ俺とNIHA-Cくんがやるってことは、ただの足し算だと思う(ハシシ)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする