新進気鋭の4ピースバンド・dps。いかなるプロジェクトなのか? そしてメジャーデビューシングル『タイムライン』を語る。

新進気鋭の4ピースバンド・dps。いかなるプロジェクトなのか? そしてメジャーデビューシングル『タイムライン』を語る。

森丘さんを味方につけたいと思ったんですよ(笑)(木村)


――まず、結成の経緯から伺えますか?

木村涼介 僕は大阪芸大に通っているんですけど、高校生の時に、今の学校のオープンキャンパスに行ったら、ボーカルコンテストをやっていたんですよ。そこに出させてもらって、賞をいただいて、今の会社(ビーイング)と育成契約を結ぶことになったんです。そこから、リハスタを使わせてもらったり、レッスンを受けさせてもらうようになって、廊下とかでいろんな方とすれ違って、まず森丘さんと顔見知りになったんです。僕が、たまたまメタリカのTシャツを着ていて……でも、僕はメタリカをあまり知らなかったんですけど(笑)、森丘さんはメタルが好きだから、話しかけてくれて。その頃の僕は、そのリハスタにいる人たちが何をやっているのかもわかっていなかったんです。僕はただただ、自分が持ってきたカラオケ音源とかで、ひとりで歌っているだけだったので。森丘さんはソロで、ギターインストをやってらっしゃったので、そのスタジオを覗かせてもらうようなところから始まったんですけど……本当にすごくって。僕、あまり楽器のこともわからなかったんですけど、「速いな! なんやこれは!?」って。だから、森丘さんを味方につけたいと思ったんですよ(笑)。

森丘直樹 ははは。

木村 で、「何か一緒にできますか?」って、声をかけたんです。

――では、木村さんのほうから誘ったということですか? なかなか勇気ある行動ですね!

木村 一歩踏み出してみたのが最初です。そこから、お話を周りにふってくれたのか、(音を)合わせてみようかっていう日があって、急にこの4人が集まって。その日はタジタジな感じでしたけど(笑)、徐々にかたちになっていったっていう。

――なるほどね。いろいろとご説明いただきましたけど、まずは木村さん、元々バンドを組みたいとか、歌手として世に出たいとか、そういった気持ちはあったんですか?

木村 ボーカリストにはなりたかったんで、ボーカルレッスンは高校2年の頃から通っていたんです。オーディションはいくつか受けていて、学校のボーカルコンテストもその流れで出たんですよね。リハスタに行くようになってからも、何か始めなくちゃって、いろんなところに首を突っ込むようにはしていたんですけど、そこで森丘さんに声をかけたんです。

――森丘さんは、メタリカTシャツきっかけで声をかけたそうですけど、木村さんの歌を聴いたのはいつだったんですか?

森丘 その場では歌を聴いていなくて、一緒にやるなら、まずリハをしようってなったんです。その時に、木村くんが歌える曲……“デスペラード”(イーグルス)とか。

木村 そうですね。

森丘 それを、リハでやったのが最初ですね。

――森丘さんは、木村さんと出会う前、バンドをやりたい気持ちはあったんですか?

森丘 それまで、僕はバンドを全然やっていなくて、ソロでやっていたんですよ。だけど、バンドはやりたかったんで、声をかけてもらった時は、まず歌を聴いて……当時(の木村)は、まだ高校3年生で、幼かったんですけど、声の太さはあったし、緊張しつつも自信満々に歌っている感じがあって、これは伸びしろがあるなあと。で、ぜひ一緒に、っていう流れですね。


このバンドいけるんじゃないかな?って(川村)


――そして、安井さんと川村さんですよ。どういう流れで加入されたんですか?

森丘 まず、川村さんなんですけど、d-projectの時にお会いする機会があって、僕のほうから、バンドをやってみたいっていう話は少ししていたんです。で、木村くんから誘ってもらって、「こんなボーカルの子が声をかけてくれたんですけど、一緒にやってくれませんか?」って言って、まずはリハをしようってなって。

川村篤史(Dr・Cho) 僕ら(川村と安井)、元々バンドやってたんですよ。それで、一緒にやろっかって、スタジオに行ったのが最初ですね。

――バンド経験があった川村さんから見て、dpsの4人が集まった時の感触はどうだったんですか?

川村 いろいろやってきたからこそ言えるんですけど、やっぱり、ボーカルってバンドにとってめちゃくちゃ大事なポジションですよね。正直、自分がボーカルを担当したこともあって、自分じゃダメだなって感じて解散したりとか。そんな中で、僕も木村くんの伸びしろは感じて。テクニックとかはまだわからなかったんですけど、芯に堂々とした、図太い感じがあったんですよね。そこで、このバンドいけるんじゃないかな?って。

――川村さんは、コンポーザーの仕事もしていたんですよね。いろいろなかたちで音楽に関わってきた中で、dpsには可能性を感じたっていう?

川村 そうですね。確信ってほどではなかったんですけど、ドラムはすごい好きなんで、このバンドなら後ろで支えるのもいいなって。

――流れとしては、川村さんと安井さんが誘われたのは、ほぼ同時?

川村 あんまり覚えていないんですけど(笑)。

――でも、安井さんは、dps以前はギターをやっていたんですよね?

安井剛志(B・Cho) そうなんですよ(笑)。

――結構な路線変更ですよね。それだけ、dpsに懸けたのかなって思ったんですけど、どうなんでしょう?

安井 ああ、サポートでベースをやったりとかは、たまにやっていたんです。それに、このバンドはギターが彼(森丘)なんで、ベースでよかったなって(笑)。

川村 周りの評判もいいんですよ。剛志は立ち振る舞いがベーシストっぽいので。

――なるほどね。4人が最初に集結したのは、いつだったんですか?

木村 去年の1月ですね。

――メジャーデビューまで、かなりペースが早いですよね。

木村 そうですね。集まってから最初のライブまでも早かったんです。去年の4月だったので。その時はカバーとかをやったんですけど、何か掴めた感じがあって、オリジナルを作り始めて。僕は曲を作るのも初めてだったので、曲ってこうできていくんや!とか、デモってこうなっているんや!とか、発見がいっぱいありました。

――木村さんは、曲作りやバンドというものを、dpsを通じて学んでいる感じなんですね。

木村 そうですね。いまだに教わることがいっぱいあります。

――でも、歌声を聴くと、そういう初々しさだけではなく、肝が据わっている感じがするというか(笑)。

木村 ありがとうございます(笑)。

――このバンドが始動した段階や、オリジナル曲を作り始めた段階で、どういうバンドをやっていこうっていう方向性は決まっていたんでしょうか?

木村 最初は決まっていなかったんです。いろんな路線の曲をやっていたし。そんな中で“一発逆転”っていう曲ができた時に、みんなが合っている感じがして。

――メタルが好きな森丘さんとしては、dpsを組んだ時点で、その路線で行きたいっていう構想はなかったんですか?

森丘 ロック好きだったので、その路線を出せたらいいなとは思っていたんですけど、僕がアレンジをやって、いろいろ提案していくうちに“一発逆転”に繋がった感じですね。


次のページ歩きスマホをしている人にぶつかられて、それでもっと周りを見ろよって思って、その人を歌詞にしようと思った(安井)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする