SUPER BEAVERの描く音楽はなぜ鮮烈なメッセージと化すのか? シングル『突破口 / 自慢になりたい』をメンバー全員で語る

SUPER BEAVERの描く音楽はなぜ鮮烈なメッセージと化すのか? シングル『突破口 / 自慢になりたい』をメンバー全員で語る

突破口を見つけながらやってきた15年。嬉しいタイトルの曲でもあります。胸張って歌えるバンド人生を歩んできました(渋谷)

――従来のような形でライブができなくなっている状況を、自分たちのやり方を見つめ直す機会にしているここ数ヶ月の活動は、「マイナスに思える要素も意味のあることにしていく」というみなさんの基本姿勢を改めて示していたと思います。

渋谷龍太(Vo) 「意味のあることにしていく」っていうのは実感がありますね。

柳沢亮太(G) 今回の“突破口”も“自慢になりたい”も、そういうものになっていると思います。コロナの影響が関係ないタイミングで作ったんですけど、今の世の中にもはまるものになったのかなと。“突破口”っていうタイトルも、図らずもコロナ禍にマッチしましたし。もちろん『ハイキュー!! TO THE TOP』のオープニングテーマっていうことも考えたし、僕らは僕らの歌を歌ったつもりですけど、それが今の世の中にはまったというのは、自分たちが大事だと思うものを歌ってきたことのひとつの結果なのかもしれないです。

――みなさん自身も世の中の一部である以上、「実感を描く」というのは、「普遍的なことを描く」ということでもあると思うんです。だから世相やアニメ作品とリンクするものにもなると同時に、自分たちの歌としても鳴り響かせられるんじゃないでしょうか?

柳沢 そうであったら嬉しいです。いろんな細かいことの違いはあっても、突き詰めた先にある気持ちっていうことをずっと歌ってきたバンドだと思いますからね。「今聴きたいなあ」っていう楽曲でありたいと毎回思ってます。

――たとえば“突破口”の《今をやめない》って、「生きている」っていうことから決して切り離せない姿勢だから、リアルな言葉として響くんだと思います。

柳沢 そうですね。あと、歌詞とか音楽そのものだけじゃなくて、このバンドの活動というものと併せながら届けられるんじゃないかなという気持ちも年々強くなっているんです。だから《今をやめない》って、今一度言い切れる言葉でもあるのかなと。

渋谷 “突破口”は、自分たちならではだと思います。山あり谷ありだったと思うので。人並みの苦労だとは思うんですけど、いろんな壁を越えたり、穴をあけたり、時には迂回したりとか(笑)。その都度、突破口というものを自分たちで見つけながらやってきた15年だと思うので、“突破口”はそういう自分たちを体現できて嬉しいタイトルの曲でもあります。胸張って歌えるバンド人生を歩んできました。

――《精一杯が 惨めに思えたって 格好つけた逃走よりも 何百倍もいい》っていう歌詞の一節もありますけど、それなりの理由を見つけてやめてしまうこともできたはずのバンドですからね。

渋谷 そうですね。でも、「一番楽しいものがSUPER BEAVERっていうバンドである」っていうのが、4人の中で今でもあるからこそ、続いているんだと思います。

その時に4人が思ってることが楽曲になっているんです。このバンドの歩みと楽曲が分離することっていうのは、まずないと思います(柳沢)

――今回のシングルを聴きながら改めて思ったんですけど、SUPER BEAVERって、あらゆる曲がバンドのテーマソングみたいになっている感じがありません?

藤原“32才”広明(Dr) そうですね。SUPER BEAVERは、4人が共通して思ってることを歌ってますから。でも、それっていろんな人に通ずるものでもあるんだと思います。そういう歌がまた増えたのが嬉しいですね。15年やっても、こうやってどんどん曲ができるので。

――上杉さんは、“突破口”について、どのように感じていますか?

上杉研太(B) SUPER BEAVERが15年間ずっとやってきたこと、新しいところへ常に行こうとしている姿勢、これから向かって行きたいところ、そういうのが全部詰まっている曲ですね。SUPER BEAVERをひとりの人物とするならば、それが投影されていると思います。僕自身も聴くと鼓舞されます。これをちゃんと胸張ってやっていけるように、自分にも改めて言い聞かせたくなるような曲でもありますね。

――ライブを観ていても感じることですけど、SUPER BEAVERは全員が自信を持って曲を表現していますよね。

渋谷 後ろめたいところがないっていうのがいちばんデカいですね。引け目もないし。全く後ろめたくないんで。

柳沢 そうだね。

渋谷 「ちょっと強がり過ぎちゃったよ」とか「嘘ついてるかも」っていうのがあったら、こういうのは無理だと思うんですけど。

柳沢 作り話がないというか、妄想もないですし。全部自分たちの言葉としてやれるっていうのは、ライブにおいても、ものすごく大きいことなのかなと。ぶーやんが言う通り、後ろめたくない、引け目がないですからね。やっぱり、その時に4人が思ってることが楽曲になっているんです。このバンドの歩みと楽曲が分離することっていうのは、まずないと思います。いろんなことを描いても、そういうことに対しての価値観みたいなところで歌ができていますし、そういう価値観は4人の他愛のない会話、思考とかから生まれているものでもあるので、結局どこを切ってもSUPER BEAVERになるんですよね。だからすべてがバンドのテーマソングとなり得る雰囲気があるかどうかは別としても、「SUPER BEAVER」っていう印が全部に押されてるっていうのは言えることだと思います。

次のページ《自慢になりたい》っていうのはずっと思ってきたことですから。堂々と誤解なく歌えるベストなタイミングが、今だったのかなと思ってます(渋谷)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする