Suspended 4th、コロナ禍で訪れたマインドの変化、ダイナミックに覚醒した新作『Travel The Galaxy』を語る

Suspended 4th、コロナ禍で訪れたマインドの変化、ダイナミックに覚醒した新作『Travel The Galaxy』を語る - Photo by Shoma YasukawaPhoto by Shoma Yasukawa

正式に自分らの名刺になるようなものがなかったので、やっとスタートラインに立てたなっていう感触がありますね(Washiyama)

──今回、凄まじくテンションが高い濃密な作品が完成しました。しかも、フルアルバムというのが嬉しいところですが、率直な感想はいかがですか?

Kazuki Washiyama(G・Vo) 現状、Spotifyやらで聴ける音源で正式に自分らの名刺になるようなものがなかったので、やっとスタートラインに立てたなっていう感触がありますね。

Dennis Lwabu(Dr) MVで「これがサスフォーです」っていうのはあったけど、そこからの流れとして、ようやくひとつのまとまりになったかな、と。

Hiromu Fukuda(B) ほんとにアーリーベストじゃないですけど、現状のサスフォーが持てるものは出してる作品ができたかなと思ってます。

Seiya Sawada(G) サスフォー史上、いちばんひと筋縄ではいかないところが出てるかな。

──ようやくたどり着いた感もあるんですね。

Washiyama 自分らも待ちわびてた感じがあるんで。これが世に放たれるのが非常に楽しみですね。

──サスフォーって、わかりやすくコロナ禍で出鼻をくじかれたバンドじゃないですか。

Washiyama そうですね(笑)。

──ただ、そこからの2年があったからこそ、こういった作品になったのかなとも感じてて。

Washiyama 実際、コロナ禍がなかったら尖りっぱなしだったと思います。こんなまともにインタビューも回答もできてないだろうな、って(笑)。

全員 ははははは!

Washiyama コロナのおかげでなんとなくみんな社会性を身につけるようになったというか。

──それは何かきっかけみたいなことがあったんですか?

Washiyama コロナ禍でのライブに来てくれるお客さんのことを考えると、ちょっとハートフルな感じになっていきましたよね。それが作品にもかなり影響してる感じがします。

──これが完成形ではなく、まだまだ進化していくんでしょうけど、この作品はより多くの人へ響く内容だなと感じてまして。しかも、サスフォーのロックという軸が太くなり、いろんな表情が味わえるじゃないですか。

Fukuda 実際、そういうイメージで作りましたね。

Washiyama 選曲もいろんな面を見せるレンジ感を考えて。めっちゃロックが好きな人に刺さる曲もあれば、Dennisが書いた“Tell Them”はソウルとかが好きな人にも刺さるだろうし。とにかく、入り口が広い作品かなって。

今までは自分が出したい音を出してた感じで、いわゆるベーシストとしての仕事があんまりできてなかったんですよ。そこで、音作りも根本から変えたりして(Fukuda)

──初めてのフルアルバムというところで、どういった作品にするのか話し合いをしたりは?

Sawada それはしなかったですね。

Washiyama なんとなく、俺が作りたいものを作ったみたいな(笑)。

Sawada で、(タイトル曲の)“トラベル・ザ・ギャラクシー”がない状態で制作が進んでいったんです。ただ、その状態だと締まりがないところもあり、WashiyamaとPIZZA OF DEATH側の「もうひと声!」みたいなところで“トラベル・ザ・ギャラクシー”が爆誕した、っていう。

Washiyama だから、いちばん最後にできた曲なんですよね。それがあったおかげで『Travel The Galaxy』というタイトルにもなったし。その前の候補が……。

Sawada ギブソンのヴィンテージ・リイシューをモジッて、『Historic Collection』ってタイトルを候補にしてました。それも筋が通ってるじゃないですか。サスフォーの歴史を集めたものだから。

Washiyama でも、そういう概念をめちゃめちゃぶっ壊してしまったのが“トラベル・ザ・ギャラクシー”っていうか。だって、ギャラクシーっすからね(笑)。もう歴史とかじゃないんで、銀河なんで。そういうぶっ飛んでる感じがどうしてもほしくて、タイトルにもなっちゃいました。

──また、全体的に音作りがソリッドになり、強度が増したとも感じてて。

Washiyama 各々のこだわりを削いだ感じですね、どちらかというと。

Sawada バンドがよくなるためなら、いいところは残しつつ、っていう。それをWashiyamaがまとめてくれました。

Fukuda 僕も音作りがすごく変わって。今までは自分が出したい音を出してた感じで、歪みもすごくかかってて。ただ、やっぱり歪みが多いと(音が)潰れちゃって抜けないし、いわゆるベーシストとしての仕事があんまりできてなかったんですよ。そこで歪みの量を減らしたり、音作りも根本から変えたりして。

Washiyama ただ、俺がレコーディングエンジニアをやってて、ミックスも全部やってるんですけど、最終的にはめちゃめちゃ歪ませました(笑)。

──でも、そのやり取りもサスフォーっぽいなと思いますよ(笑)。

Washiyama そうですよね(笑)。

──では、曲についても伺っていきますが、まずは“トラベル・ザ・ギャラクシー”について。タイトなリズムにアグレッシブなプレイ、様々なアイデアが盛り込まれていて、タイトル曲ということを踏まえなくても大きな扉になる一曲だなと。

Washiyama 走り書きで作ったんで、それもあったかもしれないです。この曲でもっと作り込む時間があったら、たぶんこんな流れにはならなかっただろうし。

──Washiyamaさんからデモがバンドへ投げられた時の印象は?

Sawada きた瞬間に「これだ!」って思いましたね。

Fukuda こういうのがほしかったんだよ、って

Dennis 僕もそういう感じで、最初から垢抜け感がありました。

──こういった反応は予想通り?

Washiyama そうですね(笑)。

全員 ははははは!

Washiyama こういう曲がいるだろうな、ってみんながなんとなく思ってることが伝わってたし。それこそ“ストラトキャスター・シーサイド”じゃないですけど、ああいう勢いでいけちゃう曲を書こうとしてたんで。

次のページ関わる人たちのことをないがしろにできないな、っていうか。できるだけ応えていきたい。ちゃんと大人な部分が育ってきた感じですね(Washiyama)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする