ノエル、10代の頃は音楽よりマジック・マッシュルームの方が楽しかったと語る

ノエル、10代の頃は音楽よりマジック・マッシュルームの方が楽しかったと語る - ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ『Chasing Yesterday』2015年2月25日発売ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ『Chasing Yesterday』2015年2月25日発売

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズとしてのセカンド・ソロ『Chasing Yesterday』を2月25日にリリースするノエル・ギャラガーは音楽を聴くのはマジック・マッシュルームでキマることほどはおもしろくなかったと語っている。

ロンドンのラジオ局XFMの番組用にハマースミス・クラブで行われた質疑応答セッションに出演したノエルは、マニック・ストリート・プリーチャーズのニッキー・ワイアーやクリエイション・レコード創業者のアラン・マッギーらからなる質問者パネルから、オアシス作品の再発や自身の新作についてさまざまな質問を受けることになった。そのやりとりの中でノエルは10代の頃は音楽よりもドラッグにうつつを抜かしていたと明かしていて、自身の出身地でマンチェスター郊外にあるバーネイジについて次のように語っている。

「バーネイジっていうのは全然音楽とか盛り上がってるところじゃないんだよ。マンチェスターは盛り上がってるけどね。当たり前だけど。別にかっこつけたくてこう言うわけじゃないんだけど、俺たちはドラッグをキメたり、公園で騒いだりするのがほとんどだったからね。音楽は最高だし、いろいろいいことがあるけど、マッシュルームほど気持ちよくはないからさ」

「だってポップ・ソングっていうのは大体もって3分くらいだろ。マッシュルームをキメたら6時間は楽しめるからね」

(c) NME.COM / IPC Media 2014

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする