ポール・マッカートニー、ゲームソフト用に書いた新曲"Hope for the Future"のMV公開

ポール・マッカートニー、ゲームソフト用に書いた新曲"Hope for the Future"のMV公開 - (C)2013 MPL Communications Ltd / Photographer: MJ Kim(C)2013 MPL Communications Ltd / Photographer: MJ Kim

ポール・マッカートニーがゲームソフト『Destiny』用に書いた楽曲"Hope for the Future"のミュージック・ビデオを公開した。

ゲームソフト『Destiny』のサウンドトラックは9月にリリースされているが、ポールの楽曲"Hope for the Future"は12月8日(月)にほかのミックスともにあらためてリリースされた。

"Hope for the Future"のミュージック・ビデオはこちらから。

ポールはプロジェクトに関わることになった経緯を次のようにNMEに語っている。

「このゲームの音楽にはすごい複雑さがあるし、というのもゲームでは音楽はあるルートについて一部分の音楽しか流れないものだからね。孫たちや子供たちを見ていても、みんなゲームに没頭してて、ぼくには音楽を聴いている余裕はなさそうだなとしか思えないんだよ。みんなの予定はかなりいろんなことで詰まってるからね、ぼくとしてはみんなのいろんな予定の隙間に自分の音楽を忍びこませるっていうことをしたいんだよね」

さらに自分では『Destiny』をやったことがあるのかという問いについてポールは次のように答えている。

「ぼくはあんまりゲームが得意じゃないんだよ。ほかにもやらなきゃいけないことがたくさんあるからね、ずっとテレビ画面に没頭してるわけにはいかないんだよ、ゲームにふけったりしてね。もちろん、試したことはあるし、楽しかったけど、すぐに全滅したよ。宇宙人にやられまくったよ」

(c) NME.COM / IPC Media 2014

公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする