KANA-BOON、最新作『Origin』を機にCUTでバンドの軌跡と未来を語る

KANA-BOON、最新作『Origin』を機にCUTでバンドの軌跡と未来を語る

2016年2月17日(水)にサードアルバム『Origin』をリリースしたKANA-BOONが、発売中のCUT3月号に登場。彼らの「起源」から『Origin』に至るまでの軌跡をメンバー全員で語っている。

インタビュー前半では、KANA-BOONの原点が形作られた高校時代からインディーズ時代のエピソードが微笑ましく語られている。

谷口鮪(Vo・G)「なんか特に俺とか、振り返ってみると高校の友達といえばメンバーという感じで(笑)。他の奴とじっくり話す暇がないぐらいメンバーと一緒にいたんです」

小泉貴裕(Dr)「僕は、はじめは人見知りすることが多いんですけど、鮪とも初めて喋ったときにすんなり友達になったし。そこからバンドに誘われてここまで来たっていうのは僕的にはすごく運命的だなと思ってる」

そうして自然とKANA-BOONというバンドの結束を強めていった彼ら。
インディーズ時代のターニングポイントとなった地元・堺のライブハウス、三国ヶ丘FUZZなどを振り返り、当時を語っている。

そして、彼らはメジャーデビューを果たし、ファーストアルバム『DOPPEL』をリリース。『DOPPEL』には、インディーズ時代のライヴの表現を通して、お客さんと一緒に前進していくという思いが如実に現れている。そしてセカンドアルバム『TIME』は『DOPPEL』で作り上げてきたKANA-BOONの音楽を強化させる意識があった、と谷口は語っている。

さらにインタビューでは、本作『Origin』の制作の途中でメンバーそれぞれに不安があったことが明かされている。

谷口「『Origin』を作り始めた頃、アルバムの全体像が見えないっていうことが僕はすごく不安であり心配でしたね。『TIME』のときは、完成形が描けてたし、間違いなくカッコいいし、進化も見えるし、ちゃんとストーリーも歌えてると思ってた」

不安を抱えたまま制作が進んでいくなかで、鮪のある呼びかけが、メンバー全員であらためてKANA-BOONの音楽と向き合うきっかけとなったという。

飯田祐馬(B)「『なんか大丈夫なんかな?』みたいになってきたときに鮪がレコーディングの途中で『呑みながらミーティングしようぜ』って言って」

その「ミーティング」で谷口はじめ、メンバーは自分たちの音楽の本質に自信を持つことができた。

古賀隼斗(G・Cho)「その話し合いがすごく大きくて。『TIME』に足りないものとか、お客さんのニーズとかを考えることをもうやめたんです。それをゼロにして取り組むことがむしろ足りなかったんじゃないかなって思って」

谷口「根本としてイヤやったのは、少しでも偽っている部分があるっていうことで。それがイヤならもう純粋に楽しむしかないし。まず、それをしたかったっていうことですね」

2016年4月16日から始まる初の海外公演を含む全21公演の「KANA-BOONの格付けされるバンドマンツアー」も控える彼ら。この最新作で、自分たちの音楽のまっすぐさを再確認し、さらなる進化を遂げたKANA-BOONに迫る必見のテキストだ。

CUT 2016年3月号 商品ページ
http://ro69.jp/product/magazine/detail/139044

最新ブログ

フォローする