星野源、「やさしければいい!…でも、 甘えたい…」。恋愛・結婚・家族について語る

星野源、「やさしければいい!…でも、 甘えたい…」。恋愛・結婚・家族について語る
星野源が、住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FM『Blue Ocean』の8月28日(月)放送回にゲストとして登場する。

番組ではニューシングル『Family Song』にちなみ、星野源と住吉美紀が「家族」について語り合う。放送中のドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)の主題歌である同曲を作るにあたり、あらためて「家族」について考えたという星野源。「家族って、血のつながりとか関係なく、何の見返りもなくその人の無事や幸せを願えることなんじゃないかな、と。友だち、仕事仲間、動物…。いわゆる家族モノの歌はたくさんあるけど、家族がいない人はどうしたらいいんだろう?といつも思っていて。そういう『部外者』がいない曲を作りたくてこういう歌詞になりました」と語った。

また、住吉美紀が「スタッフにぜひ聞けと言われたのですが…お年頃の星野源さん、結婚したいと思ったりしますか?」と切り込むと、「結婚はしたいです。10代20代の頃はこういう人がいいな、という理想があったけど、今は『やさしければいいっす!』みたいな」一方「甘えたい…」とも答えた。家でひとりくつろぐときの意外なアイテムの話も飛び出し、これには住吉美紀も「決して妥協、ではないんですよね。星野さん、結婚…近いんじゃないでしょうか!?」と反応したという。

最新ブログ

フォローする