チェスター・ベニントン、今年3月のインタビューで「今は心の底から生きることを愛している」と語る

チェスター・ベニントン、今年3月のインタビューで「今は心の底から生きることを愛している」と語る - 『rockin'on』10月号より『rockin'on』10月号より

7月20日に自らこの世を去ったチェスター・ベニントン。彼への追悼は止む気配もなく、その衝撃があまりに大きかったことを物語っている。
9月5日(火)発売の『ロッキング・オン』10月号にはチェスター・ベニントン追悼特集として2017年3月に行われた最新作『ワン・モア・ライト』のインタビューが本誌初掲載されている。

このインタビューの中でチェスターは新作について、リンキン・パークについて、そして自身について多くを語っている。

「2016年あたりの俺は、もちろん足のリハビリもあったけど、個人的にもいろんなことがあって、もう本当にメチャクチャだったんだ。あの2年間は、なんとか自分の世界がバラバラにならないようにするのだけで精一杯だった」と吐露するチェスターは『ワン・モア・ライト』の制作の中でメンバーと自身の過去の体験を共有し、「リアルな自分」をさらけ出すことで「今は心の底から生きることを愛している」と感じられていたのだという。

また、2017年3月当時を以下のように語っていた。

「いろんな取り組みや努力の結果、なんとか持ち直して、今はその実りを得ているところなんだよ。その努力の大部分は、人生で接する人たちに心を開き、正直になるということだった。その人たちとはこのバンドのメンバーだし、そうすることでその時の気持ちを音楽という形にして、発散できる」

「特に俺みたいな人間にとっては、こうしてやりたいことができるのは本当に素晴らしいよ。音楽がなかったら、俺は今ごろもう死んでいたはずだ。それは100%確実だね」

また、この他にも論考記事及びチェスターを偲ぶ多数のミュージシャンからのコメント集も掲載されている。



『ロッキング・オン』10月号の詳細はこちらから。
http://www.rockinon.co.jp/product/magazine/143875

チェスター・ベニントン、今年3月のインタビューで「今は心の底から生きることを愛している」と語る - 『rockin'on』2017年10月号 9月5日発売『rockin'on』2017年10月号 9月5日発売

最新ブログ

フォローする