デイヴ・グロール、「音楽の基盤を作るため」娘たちにザ・ビートルズやAC/DCのレコードをプレゼント

デイヴ・グロール、「音楽の基盤を作るため」娘たちにザ・ビートルズやAC/DCのレコードをプレゼント - Foo Fighters photo by Brantley GutierrezFoo Fighters photo by Brantley Gutierrez

9月15日にニュー・アルバム『コンクリート・アンド・ゴールド』をリリースするフー・ファイターズだが、「Rolling Stone」のインタビューに答えたデイヴ・グロールが自身の娘たちの音楽教育について明かしている。

今年の6月にはアイスランドの音楽フェス「Secret Solstice Festival」でドラムを披露した8歳の娘ハーパーだが、デイヴはハーパーにドラムを教えるため、レコードをプレゼントしようと考えているという。

ハーパーからはイマジン・ドラゴンズのアルバムをリクエストされているというデイヴは以前、「ファッキン・イギー・アゼリアを聴き始める前に、音楽の基盤を作ってほしいから」という理由で娘たちにザ・ビートルズのボックス・セットを渡したといい、「“Highway to Hell”は間違いないから」という理由でAC/DCのレコードも渡す予定だとも話していたようだ。

最新ブログ

フォローする