デイヴ・グロール「ポール・マッカートニーがいなければ歩けなくなってた」と語る

デイヴ・グロール「ポール・マッカートニーがいなければ歩けなくなってた」と語る - Foo Fighters photo by Brantley GutierrezFoo Fighters photo by Brantley Gutierrez

2015年に脚を骨折したフー・ファイターズのデイヴ・グロールだが、ポール・マッカートニーに治療をサポートしてもらっていたことを明らかにしている。

豪「Herald Sun newspaper」で行われたインタビューをもとに「NME」が報じたところによると、デイヴは「脚を骨折したあと、彼と彼の家族がロンドンでの手術を全部手配してくれたんだ。あの時のことは今でも思い出すよ」と明かし、以下のように続けたという。

「ポール・マッカートニーがいたからこそ、俺は今音楽をやってるんだ。ザ・ビートルズのソングブックでギターの弾き方を勉強したし、ビートルズのレコードに合わせてギターの練習をしてたから。そして、ポール・マッカートニーがいなければ俺は今こうやって歩いてないんだ。彼は抜群な腕を持った医者を知ってるからね」


なお、フー・ファイターズが9月15日にリリースするニュー・アルバム『コンクリート・アンド・ゴールド』の収録曲の内、ある1曲にポール・マッカートニーがドラムで参加していることが明かされている。

デイヴ・グロールは「ET Canada」のインタビューに対し、「ポール・マッカートニーが新作のうちの1曲でドラムを演奏してる。彼(ポール)とはずっと前から友達なんだ。本当にすごい人だよ、世界で一番素晴らしい人だ」と話し、テイラー・ホーキンスも「彼(ポール)は少しも曲を聴いてない状態だったんだ」とポール・マッカートニーとのコラボの経緯を付け加えている。

「彼が入ってきて、デイヴがアコースティックギターを持って、ほんの少しだけ曲を演奏した。彼は、自分のチームが用意した特別なドラム・セットに座ってた。俺はドラムスティックで拍子をとってて。2テイクもやってくれたよ」

最新ブログ

フォローする