くるり主催「京都音楽博覧会」の目玉企画「生」歌謡ショーの演目を発表

くるり主催「京都音楽博覧会」の目玉企画「生」歌謡ショーの演目を発表
くるりが、9月23日(土)に京都・梅小路公園にて開催する「京都音楽博覧会2017 IN 梅小路公園」の企画、「生」歌謡ショーの演目が発表された。

「生」歌謡ショーは、ハウスバンドとオーケストラを用意し、そこにゲストボーカリストが入れ替わっていくスタイルのもの。佐藤征史(B・Vo)はこの形式に関して「僕らが子供のころって、テレビの歌番組やバラエティにはたいていハウスバンドが入っていた。でも最近はキー局の歌謡祭ですら、大部分がカラオケになっている。それはちょっぴり寂しいなっていう感覚も、個人的にはある」と話している。

また今回の演目発表に関して岸田繁(Vo・G)は「紅白歌合戦もクラシックのコンサートも曲目が決まっている。全部わかった上でどんな演奏になるのか想像するのも楽しいと思います。いろいろ工夫を凝らしたことをやるので、アレンジに『うぉ!』ってなって聴いていただけたら」と語り、さらに今回の管弦アレンジが岸田と徳澤青弦のふたりによるものであることについて「スコア(楽譜)を書くという行為を通してのセッション。僕自身はくるりのライブ以外、音楽的な裏方に徹する」と、意気込みを述べている。

なお、今回の発表で、以下の演目が決定した。


【くるり 京都音博「生」歌謡ショー 演目】

Gotch(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
1. 小さなレノン
2. Taxi Driver
3. 迷子犬と雨のビート

田島 貴男(ORIGINAL LOVE)
1. ウイスキーが、お好きでしょ
2. プライマル
3. 接吻

UA
1. 悲しみジョニー
2. AUWA
3. いとおしくて

布施 明
1. 君は薔薇より美しい
2. シクラメンのかほり
3. My Way

二階堂 和美
1. いてもたってもいられないわ
2. いのちの記憶
3. お別れの時



最新ブログ

フォローする