高杉真宙、大躍進の2017年で掴んだ「成長の欠片」とは? 夜の渋谷でのゲリラフォトも!

  • 高杉真宙、大躍進の2017年で掴んだ「成長の欠片」とは? 夜の渋谷でのゲリラフォトも!
  • 高杉真宙、大躍進の2017年で掴んだ「成長の欠片」とは? 夜の渋谷でのゲリラフォトも! - 『CUT』 2017年10月号

    『CUT』 2017年10月号

  • 高杉真宙、大躍進の2017年で掴んだ「成長の欠片」とは? 夜の渋谷でのゲリラフォトも!
  • 高杉真宙、大躍進の2017年で掴んだ「成長の欠片」とは? 夜の渋谷でのゲリラフォトも! - 『CUT』 2017年10月号
9月に公開となった『トリガール!』『散歩する侵略者』を含め、今年だけでも6本の映画に出演した俳優・高杉真宙。10月からは初の主演ドラマ『セトウツミ』のスタートも控えるなど、快進撃を続ける高杉への最新インタビューが、現在発売中のCUT2017年10月号に掲載されている。

『トリガール!』では爽やかながらも熱い志を持つ先輩役、『散歩する侵略者』では感情の読めない侵略者役など、常にタイプの違うキャラクターを演じながら、それぞれの作品で鮮烈な印象を残している高杉。幅広い役を演じることへの大変さは感じつつも、その中での成長も確実に感じていると言う。

「ステップが上がっているからこそ、自分が追いつかないところはあるのかもしれないなと思うんです。だから、どこがって言われるとわからないですけど、去年よりも成長したんじゃないかって思えるときもありますね。去年1年でたくさんの方に関わって演技をやらせていただいたからこそ、そう感じられているんだと思います」


インタビューでは、10月スタートのドラマ『セトウツミ』への意気込みや、来年公開予定の映画『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』や『世界で一番長い写真』についても語られる。来年にかけても引き続き出演作が立て続き、注目を集める高杉だが、俳優業への熱意は常に高いようだ。

「(演技へのモチベーションは)もう、『楽しい』っていう、ほんとにそれだけですね。自分を表現するのは苦手なんですけど、役を表現するのはすごく楽しいんです。もちろんしんどいことも不安なこともいっぱいあるけど、それを経て楽しいって思える自分がいるので、ずっとやっていくんだと思います」


13歳での役者デビューから8年。どんな挑戦も楽しみながら真摯に向き合ってきた高杉のさらなる活躍を期待させる、必読のインタビューだ。夜の渋谷でゲリラ撮影された、大人の色気溢れるフォトセッションも必見。

最新ブログ

フォローする