【ラスベガス銃乱射】事件現場となった音楽フェス「Route 91 Harvest」が公式声明を発表

現地時間10月1日に発生し、本記事執筆時点で59人が死亡、520人以上が負傷したと報じられているラスベガスの音楽フェス「Route 91 Harvest」での銃乱射事件だが、事件後初めて同音楽フェス側から公式声明が発表された。

「Route 91 Harvest」の公式サイトに掲載された声明の全文訳は以下。

「Route 91 Harvest」のファミリーを代表して、10月1日の夜に起こった事件への失意の気持ちを伝えたいと思います。

私たちは、怪我を負った方々、亡くなった方々、そしてその方々の愛すべき人たちへ心から寄り添う気持ちでいます。理解し難い暴力は、ファンの皆さんの魂を傷つけました。私たちは(この問題に対する)答えをまだほとんど見出だせていません。

ラスベガス警察、救急医療サービス、警備員の皆さん、そして、勇敢な行動を取ってくれたお客様へは感謝の気持ちをお伝えします。

私たちは今、前に進もうと考えている最中です。しかし、事件の日のことを忘れることは決してありません。
私たちは、愛が憎しみに勝つと信じています。
私たちは、愚かな暴力には必ず立ち向かえると信じています。
そして私たちは、この苦しみに耐え、事件で失った命を称えることを約束します。
なぜなら、それが重要なことであると信じているからです。

最新ブログ

フォローする