アルカラ、4人での活動は困難に。今後のライブはサポートギタリストを迎え予定通り開催

アルカラ、4人での活動は困難に。今後のライブはサポートギタリストを迎え予定通り開催
アルカラが、メンバーの田原和憲(G)について詳細を公表した。

体調不良とアナウンスされていたが、10月上旬に活動を続けることができないという意思表示を田原から受け、今後の4人での活動は難しいという判断に至ったという。しかし、これからもメンバーはアルカラの音楽を届けたい、届けるしかない、という意志に変わりはなく、全国ツアー「KAGEKIにやってくれないかチュアー」を含む、10月27日(金)から開催されるライブは、サポートギタリストを迎えて予定通り行うということが発表された。

なお、稲村太佑(Vo・G)は、「何ヶ月か、もしか何年か。また話ができるようになった時に、この件をきっかけにお互い強くなって、いつか今度は僕自身がピンチをチャンスに変えたでって笑い合える、その日を夢見て精進し続け、邁進し続ける所存です」、「これを見てたら伝えたい『お互い気張ってこや、よろしくやで!』」とコメントしている。

また、オフィシャルサイトでは稲村、下上貴弘(B)、疋田武史(Dr)からのコメント全文が掲載されている。

最新ブログ

フォローする