ウィーザー、“Happy Hour”をTVで披露。リヴァースがグランド・ピアノを演奏

ウィーザー、“Happy Hour”をTVで披露。リヴァースがグランド・ピアノを演奏

10月27日に11枚目となるニュー・アルバム『パシフィック・デイドリーム』をリリースしたウィーザーが、米TV番組「The Late Late Show with James Corden」に出演し、同新作収録のナンバー“Happy Hour”のパフォーマンスを披露した。

Weezer - Happy Hour

米TV番組「The Late Show with Stephen Colbert」に出演した際の映像もYouTubeで観ることができる。フロントマンのリヴァース・クオモはこちらではシンセサイザーを弾いている。


同楽曲についてウィーザーのInstagramでは以下のように説明されていた。


「ニュー・アルバムから、今回は“Happy Hour”をご紹介。これは、多くのクールなウィーザーの曲みたいに、悲しい歌詞がお日さまみたいに暖かいパッケージに包まれた曲なんだ。2001年の“Island In The Sun”の仲間みたいな曲でもあるんだけど、逃避行を楽しむピュアなファンタジーってわけじゃない。

“Happy Hour”に登場する男性は現実に縛られていて、決まりきった日常から逃れようともがいてる。こういう人ってよくいるとは思うけど、僕たちはこの悲しい男性とは違って、ウィーザーの新曲を聴けるからね!」

最新ブログ

フォローする