テイラー・スウィフトの新作、主要ストリーミング・サービスで配信されない可能性も

テイラー・スウィフトの新作、主要ストリーミング・サービスで配信されない可能性も

11月10日にリリースされるテイラー・スウィフトのニュー・アルバム『レピュテーション』だが、リリース後にSpotifyやApple Musicといった主要ストリーミング・サービスで配信されない可能性があると海外メディアが報じている。

「The New York Times」が主要ストリーミング・サービスの匿名幹部4人に取材したところ、『レピュテーション』リリース後、少なくともすぐには主要ストリーミング・サービスで利用できないのではと言及、しかし今後テイラー側の方針が変わって配信される可能性もあるとも話している。

なお、同新作はアマゾンとiTunes、テイラーのオフィシャル・サイトに加え、小売りチェーンの「ターゲット」と「ウォルマート」でプレオーダーを受け付けているが、ストリーミング配信については態度を明らかにしていない。

また、『レピュテーション』はリリース前にも関わらず既に40万枚のプレオーダーを達成していることがわかっている。

Taylor Swift - …Ready For It?
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする