サウンドガーデンのマットとキム、クリス・コーネルの死後初の共演が決定。NYのフェスに出演

サウンドガーデンのマットとキム、クリス・コーネルの死後初の共演が決定。NYのフェスに出演 - Photo By David McClisterPhoto By David McClister

サウンドガーデンのマット・キャメロンとキム・セイルが、現地時間6月6日から10日にわたってニューヨークにて開催されるNorthside Festivalで共演することが明らかになった。

マットとキムが同じステージで演奏するのは、昨年の5月にクリス・コーネルが逝去してから初めてのことだ。

今回の共演は、キム・セイルが在籍しているMC5のウェイン・クレイマーによるバンド、MC50にマット・キャメロンがゲスト参加するという形で実現することとなる。

MC50には、ウェイン・クレイマーとキム・セイルの他にフガジのブレンダン・キャンティ、キングスXのダグ・ピニックらが在籍している。


なお「Blabbermouth」によると、サウンドガーデンのベーシスト、ベン・シェパードはクリスの死後まだ一度も公に姿を見せておらず、クリスの兄により撮影された写真が昨年公開されたのみだという。

クリス・コーネルは昨年の5月、サウンドガーデンのツアーのため訪れていたデトロイトのホテルの部屋で亡くなっているところを発見された。死因は自殺と発表されている。
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする