デイヴ・グロール、娘2人と共にコンサートに登場。長女はボーカル、次女はドラムを担当

デイヴ・グロール、娘2人と共にコンサートに登場。長女はボーカル、次女はドラムを担当

現地時間5月12日にオークランドで開催されたチャリティ・コンサートにて、デイヴ・グロールが2人の娘とパフォーマンスを行ったことが分かった。

まずは12歳の長女、ヴァイオレットと共にアデルの“When We Were Young”をカバー。ヴァイオレットは父デイヴがギターを演奏する傍ら、ボーカルを担当。アデルのカバーを堂々と歌い上げている。
https://www.youtube.com/watch?v=-aXOaAUItaw

その後次女ハーパーがドラムを担当し、デイヴ、ヴァイオレット、ハーパーの3人で“The Sky Is a Neighborhood”とクイーンの“We Will Rock You”を披露した。
https://www.youtube.com/watch?v=B0QXmEl3viU

なお、ヴァイオレットとハーパーは“The Sky Is a Neighborhood”のミュージック・ビデオにも出演している。

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする