デヴィッド・リンチ、トランプ大統領宛の公開書簡を発表。「偉大で愛情深いリーダーの下では敗者はいません。誰もが勝者です」

デヴィッド・リンチ、トランプ大統領宛の公開書簡を発表。「偉大で愛情深いリーダーの下では敗者はいません。誰もが勝者です」

デヴィッド・リンチが、自身のFacebookを通してドナルド・トランプ米大統領宛ての公開書簡を発表した。

これはデヴィッド・リンチが「The Guardian」のインタビューに答えた際の「(トランプ大統領が)史上最も偉大な大統領の一人になりうる」という発言が文脈から切り離されて報じられてしまったことについて、釈明するために発表されたものだ。

リンチは、上の発言が極右派のメディアやトランプ大統領自身によって大統領支持者の言葉として誤解されてしまったのだと説明。

右派として知られる米メディア「Breitbart」では「デヴィッド・リンチ監督:トランプは『史上最も偉大な大統領の一人になりうる』と語る」との見出しのもとこの発言だけが大きく報じられた他、トランプ大統領もTwitterでこの「Breitbart」の記事を紹介していた。


こうした反応を受け、リンチが発表した公式書簡は以下の通り。


「大統領へ、デヴィッド・リンチです。

あなたが『デヴィッド・リンチ監督:トランプは“史上最も偉大な大統領の一人になりうる”と語る』という見出しの「Breitbart」の記事をリツイートしているのを見ました。本当は面と向かってお話したいところです。あちこちに広まっているこの発言は文脈から切り離されていますので、説明が必要です。

残念ながら、あなたがこれまでのやり方を今後も続けるようであれば、偉大な大統領として歴史に名を残す可能性はないでしょう。それは、あなたにとってもこの国にとっても非常に悲しいことのように思います。あなたは苦しみと分断をもたらしているのです。

まだ船を引き返すのに遅くはありません。我々みんなにとっての素晴らしい未来へと船を向かわせてください。そうすればこの国をひとつにすることができます。あなたの魂は歌い出すでしょう。

偉大で愛情深いリーダーの下では、敗者はいません、誰もが勝者です。どうかこの必要なのは、自分がそうされたいと思うのと同じようにすべての人を扱うことだけことを考慮され、心に刻まれんことを願います。

必要なのは、自分がそうされたいと思うのと同じようにすべての人を扱うことだけです。

心を込めて、デヴィッド・リンチ」
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする